【京成杯AH枠順】中京記念3着ファルコニアは7枠11番、共同通信杯勝ち馬ダーリントンホールは5枠8番

SPAIA編集部

2022年京成杯AHの枠順,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

ファルコニアは7枠11番

2022年9月11日に中山競馬場で行われる京成杯オータムハンデの枠順が確定した。重賞未勝利ながら安定感抜群のファルコニアは7枠11番、共同通信杯以来の重賞勝ちを狙うダーリントンホールは5枠8番に入った。

2022年京成杯AHの出馬表,ⒸSPAIA



新潟で代替された14年を除き、中山で行われた直近10回のデータを見る。5枠【5-2-1-11】が他の追随を許さない好成績で、単複回収率も100%超。隣の6枠も2勝を挙げている。開幕週ということでつい手を出したくなる1枠は、6番人気以下で【1-1-2-3】、5番人気以内では【0-0-1-8】。伏兵が一発を狙うには好枠、上位人気馬にとっては鬼門となっている。

1枠1番 ベレヌス 57.0 西村淳也
2枠2番 コムストックロード 51.0 柴田大知
3枠3番 インテンスライト 54.0 菊沢一樹
3枠4番 シャーレイポピー 52.0 鮫島克駿
4枠5番 タガノディアマンテ 56.0 大野拓弥
4枠6番 ミスニューヨーク 54.0 デムーロ
5枠7番 ルークズネスト 56.0 戸崎圭太
5枠8番 ダーリントンホール 56.5 横山武史
6枠9番 シュリ 57.0 津村明秀
6枠10番 ルフトシュトローム 55.0 横山和生
7枠11番 ファルコニア 56.0 吉田隼人
7枠12番 ミッキーブリランテ 56.0 岩田康誠
8枠13番 クリノプレミアム 54.0 松岡正海
8枠14番 レインボーフラッグ 52.0 小牧太


《関連記事》
【セントウルS】メイケイエール、ソングライン、ボンボヤージも好走候補! コースデータから浮上する穴馬は
【セントウルS】メイケイエールは消し! ハイブリッド式消去法で残ったのはソングラインなど3頭
【京成杯AH】「栗東所属の5歳」「牝馬」が中心 近4年で3連対のデータに合致するミスニューヨーク

おすすめ記事