【レパードS枠順】JDD4着のハピは5枠9番、福永祐一騎手騎乗のホウオウルーレットは6枠10番

SPAIA編集部

2022年レパードS枠順,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

ハピは5枠9番

2022年8月7日に新潟競馬場で行われるレパードSの枠順が確定した。JDD4着のハピは5枠9番、オメガパフュームの半弟ホウオウルーレットは6枠10番に入った。

2022年レパードSの出馬表,ⒸSPAIA


過去10年では枠の有利不利を見受けられなかった。ただし良馬場以外では1~4枠が複勝率28.6%に対し、5~8枠は複勝率12.5%と劣勢。しかも前者が単回収率121%に対し、後者は同13%と、配当にも大きな差がある。雨が降るようなら内枠が中心だろう。

1枠1番 ヘラルドバローズ 56.0 松山 弘平
2枠2番 タイセイドレフォン 56.0 川田 将雅
2枠3番 メイショウユズルハ 56.0 岩田 康誠
3枠4番 インディゴブラック 56.0 西村 淳也
3枠5番 レッドラパルマ 56.0 M.デムーロ
4枠6番 ビヨンドザファザー 56.0 北村 友一
4枠7番 バレルゾーン 56.0 三浦 皇成
5枠8番 トウセツ 56.0 幸 英明
5枠9番 ハピ 56.0 藤岡 佑介
6枠10番 ホウオウルーレット 56.0 福永 祐一
6枠11番 ギャラクシーナイト 56.0 菊沢 一樹
7枠12番 シダー 54.0 藤岡 康太
7枠13番 ラブパイロー 54.0 野中 悠太郎
8枠14番 ライラボンド 56.0 長岡 禎仁
8枠15番 カフジオクタゴン 56.0 C.ホー


《関連記事》
【レパードS】最有力はタイセイドレフォン 好素材ホウオウルーレットには気になるデータあり
【エルムS】カギはマリーンS組の取捨! 函館と札幌のダート1700mの違いを分析し見えた傾向とは
【エルムS】「前有利」の舞台設定 ハイブリッド式消去法で残った注目馬はアメリカンシードとダノンファラオ

おすすめ記事