【天皇賞(秋)予想まとめ】現役最強マイラー・グランアレグリア本命が3人! 「3強崩し」に期待かかる馬は?

SPAIA編集部

天皇賞(秋)SPAIA予想

ⒸSPAIA

スピードを活かせる府中の良馬場で

10月31日(日)、東京競馬場では天皇賞(秋)(GⅠ・芝2000m)が行われる。現役トップクラスの実力を誇るコントレイル、グランアレグリア、そして3歳馬のエフフォーリアが激突。果たしてSPAIA予想陣5人の見解はどうなったのだろうか。

東大ホースメンクラブ、京都大学競馬研究会、そしてデータ予想の門田光生の3人が本命と最も多くの支持を集めたのは現役最強マイラー・グランアレグリア。初の2000mとなった春の大阪杯は4着に敗れているが、東大・京大ともにその点については道悪によるものと分析。スピードを活かせる府中の良馬場であれば心配ないという見解で一致した。

ついで評価が高かったのは3歳馬エフフォーリア。本命こそいなかったものの、対抗3人、単穴2人と5人いずれもが上位評価だった。昨年の3冠馬コントレイルは本命1人、対抗1人、単穴1人と評価されている一方で、2人が押さえ評価にとどめている。

そうした中で唯一3強以外に本命を打ったのがAI予想エンジンKAIBA。現在4連勝中のヒシイグアスを抜擢し、一角崩しを狙う。

天皇賞(秋)予想印


AI予想エンジンKAIBA
◎ヒシイグアス
◯エフフォーリア
▲ポタジェ
△グランアレグリア
×コントレイル

東大ホースメンクラブ
◎グランアレグリア
◯エフフォーリア
▲コントレイル
△ポタジェ
×カイザーミノル

京都大学競馬研究会
◎グランアレグリア
◯エフフォーリア
▲ポタジェ
△ヒシイグアス
×コントレイル

門田光生(データ予想)
◎グランアレグリア
◯コントレイル
▲エフフォーリア
△ヒシイグアス

坂上明大(馬場/展開バイアス)
◎コントレイル
○グランアレグリア
▲エフフォーリア
△カレンブーケドール
×ポタジェ
×サンレイポケット


《関連記事》
【天皇賞(秋)】コントレイル、グランアレグリア、エフフォーリア 三強が挑むそれぞれの偉業、可能性が高いのは?
【天皇賞(秋)】3つの好データにぴたりと一致! 今年も「名牝」が躍動グランアレグリア
【天皇賞(秋)】注目“3強”の取捨は? 当日馬体重次第でポタジェ、ヒシイグアスなどにもチャンス

おすすめ記事