【アルテミスS】「前走0.6秒差以上で勝利」「前走480〜499kg」「8枠」 AIの本命は3つの心強いデータが揃ったミント

SPAIA編集部

アルテミスS ミントの好データ(過去9年)

ⒸSPAIA

「8枠」は過去9年で4勝

10月30日(土)に東京競馬場で行われるアルテミスS(GⅢ・芝1600m)。過去9年の勝ち馬からはラッキーライラックとソダシ、そして2着からメジャーエンブレムと計3頭の阪神JF優勝馬を輩出している。そんな注目のレースをAI予想エンジンKAIBAはどう予想したのか見ていこう。

本命は過去のデータから3つの好データに該当するミント。前走の新馬戦では後続に0.6秒差をつけて勝利しているが、「前走0.6秒差以上で勝利」していた馬は勝率27.3%と好成績。

また前走は484kgで出走しているが、「前走480〜499kg」だった馬は3勝、2着3回、3着1回で勝率13.0%、連対率26.1%、複勝率30.4%となっており、馬格のある馬が結果を残している。

今回ミントは8枠11番に入ったが、「8枠」は4勝、2着2回。2014年ココロノアイ、15年デンコウアンジュと人気薄での2勝があり、単回収率465%、複回収率112%と心強い。前走で強いレースを見せたライバルも多いが、好走を期待したい。

AI予想エンジンKAIBA
◎ミント
◯フォラブリューテ
▲シンシアウィッシュ
△ベルクレスタ
×ロムネヤ

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想をする。これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。


《関連記事》
【天皇賞(秋)】コントレイル、グランアレグリア、エフフォーリア 三強が挑むそれぞれの偉業、可能性が高いのは?
【天皇賞(秋)】3つの好データにぴたりと一致! 今年も「名牝」が躍動グランアレグリア
【天皇賞(秋)】注目“3強”の取捨は? 当日馬体重次第でポタジェ、ヒシイグアスなどにもチャンス

おすすめ記事