【2歳馬ジャッジ】ルメール騎手が”新グランアレグリア”と呼ぶラスールや素質馬コマンドラインに期待

山崎エリカ

イメージ画像,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA



”新グランアレグリア”ラスールの実力は?

10月9日(土) 東京2R 優勝馬 スターズオンアース 指数-4 評価A
新馬戦では評判馬ルージュスティリアの2着だったスターズオンアース。その走りが評価されて1番人気に支持された。デビュー戦はルージュスティリアの直後でレースを進めて、ルージュスティリアよりも速い上がり3Fタイムを記録しながらも、差し切れなかった。

今回はデビュー戦よりも前目の中団外から、勝ちをある程度意識しながらの競馬。それでもしっかり伸びて勝利した。これで新馬戦、今回と2戦続けてメンバー最速の上がり3Fタイムを記録。底を見せていない。新馬戦では勝ちを意識しない直線だけの競馬で2着だったが、今回はレース内容も格段に良化したと言える。今後もなかなか楽しみだ。

10月9日(土) 東京3R 優勝馬 ラズベリームース 指数-7 評価A
6月東京の新馬戦では5着ながらも上がり3Fタイムは最速と素質の片鱗は見せていたラズベリームース。次走は2着。今回はデビュー3戦目の競馬、逃げて2着に2馬身半、3着馬には5馬身半差をつけて快勝だった。

指数はこの時期の未勝利クラスとしては優秀。走破タイムも1分33秒9と優秀だ。一戦ごとにポジションを上げて競馬ができるようになりながら、結果も上昇と良化が著しい。懸念材料は今回の走破タイムの速さが今後の過剰人気を呼びやすいこと、また同時に疲れを呼ぶ可能性があることだが、母ワイルドラズベリー同様にいずれ重賞級の活躍が期待できそうな馬だ。

10月9日(土) 東京11R 優勝馬 コマンドライン 指数-11 評価AA
6月東京開幕週の新馬戦を快勝したコマンドライン。強かったことは確かだが、例年の東京開幕週を勝利した偉大な先輩たちと比べると劣る指数、内容だったことは確かで、素質の高さで中間にどれだけ成長しているかが見ものだった。

スタートしてからしばらくは中団に待機していたコマンドライン。しかし、このレースは超スローペース。そこでコマンドラインは一気にポジションを上げた。結果はそれが吉となり、2番手から押し切っての勝利となった。今回の走破タイムは平凡、着差も付けられず、例年のサウジアラビアロイヤルCと比較すると指数も平凡なものとなった。

しかし、今後のことを考えると平凡なタイム、指数決着だったことは大吉だろう。疲れを残さずに今後も順当な上昇が見込みやすくなる。賞金加算に成功し、かつ余力も残すことができたコマンドライン。今回の少頭数競馬はコマンドラインを無駄に疲弊させないためのものだったのか。ダービーに向けて計算通りの軌道に乗せられている感のする超エリートだ。

10月10日(日) 東京1R 優勝馬 レッツリブオン 指数-4 評価A
6月東京のキミワクイーンが勝利した新馬戦はラスト2Fが10秒8-11.秒0とかなりの瞬発力を問われた一戦。そこでメンバー最速の上がり3Fタイムを記録して2着だったレッツリブオン。次走未勝利戦は3着、その次走も3着。今回はデビュー4戦目の競馬だったが、前が残りそうな流れをキッチリ差し切った。

これでデビューから4戦中、3戦で上がり3Fタイム最速を記録。芝1600m戦で超スローペースを意識して早めに仕掛けたデビュー2戦目こそ、上がり3Fタイムは2位だったが、まだまだ伸びそうだ。新馬戦の時点で高い素質を感じさせていたが、地味ながら今後に向けて面白い存在だ。


10月10日(日) 東京4R 優勝馬 ラスール 指数-4 評価AA
スタートで出遅れたが、すぐに好位の直後の内につけるセンスの良さを見せたラスール。直線では進路がなく大ピンチだったが、残り300m地点で横の馬がなぜか大きく外にヨレて進路が開き、そこからは一気にスパート。2着馬に3馬身半差をつけて快勝した。

ルメール騎手の「新しいグランアレグリア」という表現はややオーバーな評価ではあるが、スタートのロスがありながら好位につけて突き放した内容はかなり強かった。次走どれだけ上昇するかで潜在能力が判断できそう。グランアレグリアになれるか?

10月9日(土) 阪神3R 優勝馬 ジャスティンロック 指数-3 評価B
新馬戦では評判馬トゥデイイズザデイの2着だったジャスティンロック。今回はデビュー2戦目だったが、スタートで出遅れた。よって道中は後方に構えていたが、ペースが遅いと見たのか5F標識を過ぎたところで動き出し、ラスト3F地点で2番手の外。そこでかなり無駄な脚を使ってしまったために、直線では伸びきれないかと思わせるシーンもあったが、最後は差し切った。

今回は勝利したものの指数は新馬戦時から伸びず。ただロスのある競馬だったし、上がり3Fタイムも2戦続けてメンバー最速と悪くない。昇級後も活躍してくれそうだ。

10月9日(土) 阪神5R 優勝馬 アートハウス 指数-2 評価A
好スタートを決めてすっと2番手で折り合ったアートハウス。母パールコードは好馬体で美しい馬だったが、この馬も良い馬体、フットワークで走る。4角から前に取りついて行き、直線に向いて先頭。

そこから突き放して2着に3馬身差をつけての快勝。ラスト2Fは10秒9-11秒7と減速しているのだが、走りからはまだまだ余裕を感じさせた。今後の成長を大きく期待してしまう馬だ。

10月9日(土) 阪神6R 優勝馬 ジャスパーグレイト 指数-6(ダート) 評価B
同日の1レース、ダ1800m未勝利戦と比較するとゆったりしたペースで逃げることができたジャスパーグレイト。ペース自体はそこまで速いわけでもなかったが、4角手前から後続馬がバテ始め、直線では完全に独走態勢。結果は2着に10馬身差をつけての圧勝だった。

このレースは2着以下が弱く、着差がつきすぎた一戦。ジャスパーグレイトはそこまで高い指数で勝ったという結果ではなかった。しかし、ラスト2Fは12秒9-12秒5と加速しながらのゴール。まだまだ余裕を感じさせられた。今後の上昇が楽しみな馬だ。

10月10日(日) 阪神5R 優勝馬 タガノエスコート 指数-1 評価B
デムーロ騎手らしくスタートがやや悪かったが、そこから気合をつけて行ったために折り合いをやや欠きながら2番手追走となったタガノエスコート。それでも直線では前を行く馬を目標に伸び、後続の追撃を抑えて勝利した。

ラスト1Fは結果的に大きく減速しているのだが、上がり3Fタイム33秒7はこの週の阪神芝中距離としては悪くない。この馬の兄には渋い活躍を見せるオープン級の活躍馬が揃っている。タガノエスコートも同様の活躍が期待できそうだ。


10月10日(日) 新潟5R 優勝馬 グランデレジーナ 指数-2 評価B
スタートを決めて2番手を追走する競馬となったグランデレジーナ。直線を向くとしっかり伸びて2着に3馬身半差をつけて勝利した。競馬は好位から型通りに勝利することが一番難しいことだが、まさに優等生的な競馬だった。

ラスト1Fは大きく減速しているが、上がり3Fタイム33秒4は時計の掛かり気味な新潟の馬場であることを考えれば悪くない。きょうだい馬は活躍しているし、この馬も楽しめそうだ。


10月2週目の2歳戦PP指数ジャッジ


※パワーポイント指数(PP指数)とは?
●新馬・未勝利の平均勝ちタイムを基準「0」とし、それより価値が高ければマイナスで表示
例)ラスールの指数「-4」は、新馬・未勝利の平均勝ちタイムよりも0.4秒速い

ライタープロフィール
山崎エリカ
類い稀な勝負強さで「負けない女」の異名をとる女性予想家。独自に開発したPP指数を武器にレース分析し、高配当ゲットを狙う! netkeiba.com等で執筆。好きな馬は、強さと脆さが同居している、メジロパーマーのような逃げ馬。

《関連記事》
【2歳馬ジャッジ】ラスト2F11秒8-10秒8と急加速 7馬身差大勝のキラーアビリティは素晴らしいスピードの持ち主
【2歳馬ジャッジ】ラブリイユアアイズが強い内容で勝利! 現2歳世代トップの指数を記録し今後の活躍に期待
【2歳馬ジャッジ】牝馬ロンは野路菊Sレコード勝利で好指数を記録! ダービー路線でも互角以上の存在

おすすめ記事