【AI予想回顧】阪神でGⅠ・3勝目、宝塚記念はタイトルホルダーが完勝 KAIBAは馬単的中

SPAIA編集部

2022年宝塚記念で勝利したタイトルホルダー,ⒸSPAIA(写真撮影:三木俊幸)

ⒸSPAIA(写真撮影:三木俊幸)

ハイペースを2番手追走

6月26日(日)、阪神競馬場では上半期の締めくくりとなるグランプリ・宝塚記念(GⅠ・芝2200m)が行われた。AI予想エンジンKAIBAが注目した本命馬は好走することができたのか、レース結果を振り返る。

本命は前走天皇賞(春)を制して挑んだタイトルホルダー。過去10年で4勝の「前走天皇賞(春)」、連対率トップで単複ともに回収率100%超の「前走2番人気」、5勝の「休み明け3戦目」という好データに期待しての推奨だった。

抜群のスタートを決めたタイトルホルダーの鞍上横山和生騎手はハナを主張したが、行き足がついたパンサラッサが1角で先頭に立つと後続を引き離し、前半1000mを57.6というハイペースで通過していった。

隊列は縦長で4角に差しかかるあたりでタイトルホルダーは前との差を縮めていき、直線に向くと堂々先頭へと躍り出る。残り200mを過ぎて、ヒシイグアスが徐々に差を詰めたものの全く寄せ付けず。

最後は2馬身差をつける完勝で、勝ちタイムは2:09.7のレコード。京都競馬場改修に伴い阪神で行われた昨年の菊花賞、前走の天皇賞(春)に続きこれが3勝目のGⅠタイトル獲得となった。

3着は3番手追走からジリジリと伸びたディープボンドと4角8番手から大外を回したデアリングタクトとの争いとなったが、長期休養明け2戦目のデアリングタクトがハナ差先着。

ディープボンドなら3連単的中となったが、今回は馬単34.2倍のみが的中という結果に終わった。

《関連記事》
【ラジオNIKKEI賞】前走皐月賞は危険信号!? フェーングロッテン、ソネットフレーズで福島開幕ダッシュ!
【CBC賞】ファストフォース最上位もコースデータからアネゴハダ、ロードベイリーフに好走サインあり!
「ハンデ重賞」を東大HCが徹底分析! 「.5kg」は激走のサイン

おすすめ記事