【オークス】前走桜花賞「上がり1位」「0.1〜0.2秒差負け」「2番人気」が好走 AIはサークルオブライフ本命

SPAIA編集部

オークス 前走桜花賞組に関するデータ(過去10年)

ⒸSPAIA

前走桜花賞組が7勝

3歳牝馬クラシックの第2戦、オークス(GⅠ・芝2400m)。スピードとスタミナが求められるタフな舞台で行われる一戦をAI予想エンジンKAIBAはどう分析したのか、そしてどの馬を本命に推奨したのだろうか。

本命は桜花賞4着からの巻き返しを図るサークルオブライフ。過去10年のデータでは「前走桜花賞組」が7勝と最も好相性。サークルオブライフは4角15番手から上がり最速の33.3の末脚を繰り出したが、「上がり1位」は勝率42.9%。また着差は0.1秒差だったが、「0.1〜0.2秒差負け」は勝率28.6%、連対率57.1%で単回収率も174%を誇る。

さらに桜花賞で「2番人気」だった馬も4勝、3着1回で勝率50.0%、複勝率62.5%。高い確率で好走していることが見てとれる。複数の好データを味方に2歳女王が再び世代の頂点に立つのか注目だ。

AI予想エンジンKAIBA
◎サークルオブライフ
◯ウォーターナビレラ
▲スターズオンアース
△アートハウス
×ナミュール

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想を行う。これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。


《関連記事》
【オークス】ハイブリッド式消去法で残るは1頭!? ウォーターナビレラ、サークルオブライフなど桜花賞上位組は全消し
【オークス】レースセンス、勝負根性、血統よし! スターズオンアース距離延長歓迎だ
【オークス】桜花賞からウォーターナビレラ、サークルオブライフが軸候補 別路線筆頭はアートハウス

おすすめ記事