【注目2歳馬】シャケトラの半妹ラスールがデビュー勝ち 非凡なレースセンスと瞬発力が魅力

三木俊幸

10月10日東京4Rを勝利したラスール,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA(写真撮影:三木俊幸)

藤沢和雄厩舎から大物誕生?

秋の東京開催開幕週、10月10日(日)の4Rに行われた芝1600mの新馬戦を制したのは、キタサンブラック産駒の牝馬ラスール(美浦・藤沢和雄厩舎)。半兄は重賞3勝馬のシャケトラとファンの多い血統でもあり、シルクホースクラブで総額4,000万円(一口8万円)で募集された際には人気を集めていた馬だった。

スタート自体は遅かったものの、二の足を利かせてすぐに好位へと取り付く。逃げ馬の直後のインコースという絶好のポジションで脚をためて直線へ。一旦はすぐ外にいた馬が内にヨレてきたことで押し込められたが、残り400mで進路が開けると力強く突き抜けて後続に3馬身半の差をつけ、1:35.3というタイムで完勝した。

ラスト3ハロンのレースラップ11.2-11.5-11.6(34.3)のところをラスール自身はメンバー中最速の34.0でまとめ、上がり2位だった馬とは0.7秒差と力の違いを見せつける内容。さらにゴール前50mは流しており、余裕たっぷりだった。レースセンスと瞬発力を兼ね備えており、血統的にも距離が伸びて問題ない。

管理する藤沢和雄調教師は来年2月いっぱいで定年となる。“馬優先主義”がポリシーなだけに無理なレース選択はしないだろうが、最後にタイトルをプレゼントできるか次走以降の走りに期待したい。


10月10日東京4Rを勝利したラスール,ⒸSPAIA

コントレイルの全弟登場

今週末注目したい2歳戦は、10月16日(土)の東京5Rに組まれている芝1800mの新馬戦。このレースには3冠馬コントレイルの全弟サンセットクラウド(栗東・矢作芳人厩舎)が福永祐一騎手でデビュー予定となっている。毛色は兄とは違い芦毛で見た目は母系が強く出ているが、その走りはどうか ──。

エピファニー(美浦・宮田敬介厩舎)は伯母にオークス、秋華賞を勝利しているミッキークイーンがいるという良血馬だ。青鹿毛の見栄えのする馬体の持ち主で、坂路とWコースで好時計をマークしている。素質馬が集結しやすい番組でルメール騎手を予定していることからも期待度は高そうだ。

その他、同日の3R芝1600mの牝馬限定戦には2014年のエリザベス女王杯を制したラキシスを母に持つレッドミラージュ(美浦・栗田徹厩舎)や昨年のセレクトセールで1億8,700万円で落札されたキングカメハメハ産駒エリカヴィータ(美浦・国枝栄厩舎)も出走を予定しており、注目したい。

ライタープロフィール
三木俊幸
編集者として競馬に携わった後、フリーランスとなる。現在はカメラマンとしてJRAや地方競馬など国内外の競馬場を飛び回りつつ、ライターとして記事を執筆している。

《関連記事》
【注目2歳馬】破格のスピードの持ち主ソリッドグロウ 全兄モントライゼよりも大物感あり?
【注目2歳馬】母はGⅠ馬のブルーメンブラット 素質馬フォラブリューテが4馬身差でデビュー勝ち
【注目2歳馬】鋭い末脚で差し切り勝ちのリアグラシア レースで見えた課題と将来性は?

おすすめ記事