【阪神大賞典】キセキは8枠9番、ユーキャンスマイルは8枠10番 データ的にキングカメハメハ産駒は黄色信号

SPAIA編集部

阪神大賞典枠順

ⒸSPAIA

久々の勝利を目指すキセキは8枠9番

阪神大賞典枠順

3月22日(日)に阪神競馬場で行われる阪神大賞典(GⅡ・芝3000m)の枠順が確定した。

2017年の菊花賞以来の勝利を目指すキセキは8枠9番。昨年のGⅠ3戦とも掲示板に載ったユーキャンスマイルは8枠10番、340キロ台の馬体重ながら長距離戦線を沸かすメロディーレーンは2枠2番に入った。

まずこのレース、ユーキャンスマイルにとって嫌なデータがある。それはキングカメハメハ産駒の過去10年の成績が【0-0-0-6】と悪すぎること。キングマンボ系は距離が伸びると成績を落とす傾向にあり、このレースでも例外ではないようだ。

逆にキセキとっていいデータがある。それは前走有馬記念組の成績が【4-5-1-5】で複勝率66.7%もあること。勝率も26.7%もあるので、久々の勝利を目指すキセキにとってはかなり後押しとなるデータだ。

おすすめ記事