【東京新聞杯】本命党、穴党が狙いたい馬とは?当日まで覚えておきたいデータ

勝木淳

2019年の東京新聞杯のゴール前ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

冬の上がり馬はいるのか

冬の東京開催の名物レースのひとつが東京新聞杯。厳冬期のマイル重賞は出走メンバーが小粒な一戦になりがちであり、レース傾向がつかみにくい。小粒ゆえに格では劣る馬の好走はあるのか。夏は上がり馬というが、冬の上がり馬というのはいるのか。まずはこの点をみていく。

前走クラス別成績(過去10年)ⒸSPAIA

前走クラス別成績では前走が3勝クラス(旧1600万下)だった馬は【2-0-0-6】。好走確率は1/4というのは評価が難しい。真夏の関屋記念は同クラスは【2-1-1-8】で複勝率は33%であり、夏に比べると昇級馬の評価はギャンブル的な側面が強い。

反対に前走GⅠ組は【4-1-0-18】。スピードプラス持続力が問われる総合力が必要な東京マイルの別定戦ということもあってか、前走経験がより格上だった馬が有利といえる。

前走レース別成績(過去10年)ⒸSPAIA

GⅠ好走馬の出走自体が少ないレースだが、目立つのはGⅠ凡走組。5着馬【1-0-0-3】、6~9着だった馬が【3-0-0-3】と1着のみではあるが、秋のGⅠ戦線で負けた組が出直し的に出走するケースで好走するわけだ。ただこちらもデータ上はピンかパーとなっているので、やはりギャンブル的である。

加えてこの前走GⅠ組は掘り下げてみると、かなり曲者だった。結論から言うと飛びつけるケースと人気であれば嫌っていきたいケースがはっきりしているのだ。前走レース別成績をみると、エリザベス女王杯組【3-0-0-1】と前走GⅠ組【4-1-0-18】の好走馬5頭中3頭がここに当てはまる。

具体的には14年ホエールキャプチャ、16年スマートレイアー、18年リスグラシューとエリザベス女王杯敗退組ばかりなので、データとしてはズバリなのだが、問題は前走エリザベス女王杯組がいるかどうかという点にある。というのもマイルカテゴリーの頂点であるマイルCS組【1-0-0-13】とイマイチ。勝った1頭は11年スマイルジャックなので最近8年は好走馬ゼロと不安になる。13年1番人気10着ドナウブルー、17年2番人気6着ヤングマンパワー、19年3番人気9着ロジクライと人気で凡走する馬もおり、なおさら警戒したい。

となると、牝馬が優勢なのかというと前走がエリザベス女王杯ではなかった牝馬で好走したのは19年6番人気2着レッドオルガぐらいで牝馬だからという理由にはならない。レッドオルガはターコイズS6着から巻き返したが、その前は東京マイルの紅葉S1着で通算5勝すべてが左回りのマイル戦という偏った経歴だった。

「年齢」ははっきりとしたデータが

年齢別成績(過去10年)ⒸSPAIA

どうにもチグハグなデータばかりであるが、傾向として強く出ているのが年齢だ。4歳【5-4-3-26】、6歳【4-1-0-29】と勝ち馬9頭がどちらかから出現している。

4歳は前走着順がいい方が好走率が高く、前走1着【2-1-1-5】(19年1番人気1着インディチャンプなど)、前走2着【1-1-0-3】(17年3番人気1着ブラックスピネル)と好走した勢いそのままにという流れなのに対し、6歳馬は前走1着【1-0-0-5】だが、6~9着【2-1-0-4】と巻き返してくるケースが目立つ。

15年9番人気2着アルフレード、14年8番人気1着ホエールキャプチャと人気薄の激走が多く、穴党は前走6~9着の6歳馬を狙いたい。

・前走1、2着の4歳馬
・前走6~9着の6歳馬

この辺が東京新聞杯で狙いたい馬になる。想定からはシャドウディーヴァ(前走1着の4歳馬しかもGⅡフローラS2着と東京実績あり)、サトノアーサー(前走6着の6歳馬、エプソムC勝ち)あたりではなかろうか。

おすすめ記事