【無料公開】京都大学競馬研究会、今週のイチオシ【期間限定】

京都大学競馬研究会

イメージ画像,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

土曜阪神11レース 毎日杯(GⅢ)

毎日杯から皐月賞まで中2週。この中途半端なレース間隔が仇となり、かつては頭数も集まらず、高レベルレースになりにくかった。しかし最近はこの条件を逆手にとって社台グループの強力馬がここで確実に賞金を積み、ゆとりをもってダービーに向かうケースが増え、図らずもレースレベルが上がってきた。

本命はドゥラドーレス。ポイントはノーザン産且つ賞金不足であること。セントポーリア賞のタイムも良好で大箱コースは得意条件。勝ってダービーに向かいたい。

以下スローながら逃げて32.9の上がりを出したテンダンス、アルメリア賞で時計を詰めたピースオブエイト、距離短縮で勝ち上がったベジャールまで印を回す。 コマンドライン、リアド、ホウオウプレミアは負かした相手、持ち時計が平凡。スローの上がり勝負しか対応出来ないようでは上では通用しない。馬の値段に惑わされないことも重要だ。(文:福山)

***********************

このほかのレースの京都大学競馬研究会予想はSPAIA競馬のゴールドコース以上でご覧になれます。(対象:重賞と関西主場の特別レース)

気になる方は下記のリンクからご登録を!



【今すぐ有料コース登録】
今週のイチオシレース出走馬をチェック

おすすめ記事