【ホープフルS予想まとめ】コマンドライン本命が2人 百日草特別から挑むオニャンコポンも高評価

SPAIA編集部

ホープフルS SPAIA予想

ⒸSPAIA

コマンドラインは距離延長歓迎

12月28日(火)、中山競馬場ではホープフルS(GⅠ・芝2000m)が行われる。来春のクラシックにも直結してくる注目の一戦でSPAIA予想陣4人の見解はどうなったのか見ていこう。

AI予想エンジンKAIBAと東大ホースメンクラブが本命に推奨したのはコマンドライン。新馬戦は3馬身差の快勝、2戦目のサウジアラビアRCは好位から抜け出す競馬で勝利している。東大ホースメンクラブは、切れ味よりも底力で押し切るタイプなので中山コースで存分に力を発揮できそう、距離延長もプラスとの見立てだ。

その他、京都大学競馬研究会は未勝利戦、エリカ賞と2戦連続でレコード勝ちのサトノヘリオスの経験値に期待。なお編集部競馬班は未勝利戦で後続に1.1秒差をつけるパフォーマンスを披露したキラーアビリティに期待している。

本命以外では、百日草特別を勝利して臨むオニャンコポンが対抗3人と高評価。新馬戦を勝利した舞台に戻り、若手の菅原明良騎手とのコンビでどのようなレースを見せるのか注目だ。

2021年ホープフルS予想印,ⒸSPAIA


AI予想エンジンKAIBA
◎コマンドライン
◯ジャスティンパレス
▲フィデル
△キラーアビリティ
×マテンロウレオ

東大ホースメンクラブ
◎コマンドライン
◯オニャンコポン
▲キラーアビリティ
△ジャスティンパレス
×フィデル

京都大学競馬研究会
◎サトノヘリオス
◯オニャンコポン
▲キラーアビリティ
△ボーンディスウェイ
×コマンドライン

編集部競馬班
◎キラーアビリティ
◯オニャンコポン
▲コマンドライン
△ジャスティンパレス
×ラーグルフ


《関連記事》
【ホープフルS】オニャンコポンの進撃は止まらない!? 前走重賞組は過信禁物、今年はひと波乱あるか
【ホープフルS】1番人気、前走1着馬が崩れない! 東大HCの本命はコマンドライン
【ホープフルS】上位人気に大きな不安あり 京大競馬研の本命はレコード連発のサトノヘリオス

おすすめ記事