【エリザベス女王杯】とにかく少点数で 東大HCはアカイトリノムスメのGⅠ連勝に期待

東大ホースメンクラブ

エリザベス女王杯に関するデータ,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

秋の女王決定戦

今週日曜は阪神芝2200mを舞台に、秋の牝馬ナンバーワン決定戦・GⅠエリザベス女王杯が行われる。BCフィリー&メアターフを勝ったラヴズオンリーユーや有馬記念を目標としているクロノジェネシスこそ不在ではあるが、豪華メンバーの大阪杯を逃げ切ったレイパパレ、秋華賞で悲願のGⅠタイトルをつかんだ超良血馬アカイトリノムスメなど楽しみなメンバー構成となった。

2年連続の仁川開催で女王の座に君臨するのは果たしてどの馬か。過去のデータを紐解きながら馬券戦略を考えていく(なお参照するデータは芝2200m施行となった1996年以降とする。また今年該当馬のいない前走地方・海外組は除く)。

オークス連対馬17年連続馬券圏内

エリザベス女王杯・条件別成績,ⒸSPAIA


<エリザベス女王杯・条件別成績>
前走オープン以下【0-1-1-80】勝率0.0%/連対率1.2%/複勝率2.4%
前走GⅢ【2-8-8-89】勝率1.9%/連対率9.3%/複勝率16.8%
オークス連対馬【8-9-12-32】勝率13.1%/連対率27.9%/複勝率47.5%
宝塚記念3着以内経験あり【2-2-3-2】勝率22.2%/連対率44.4%/複勝率77.8%

同レースは女王決定戦にふさわしく格高の前哨戦を使ってきた馬が有利で、前走オープン以下だった馬は82頭中80頭が馬券圏外。好走した2頭は2012年のピクシープリンセス(3着)と2016年のラキシス(2着)で、ともに勝ちタイムが2分16秒台という極端な重馬場だった。天候の助けがなければいきなりの台頭は難しい。

前走GⅢ組は18頭が馬券になっているが、このうち17頭がGⅢ時代の府中牝馬S組(残る1頭はエルムSをステップにした2007年のフサイチパンドラ。前年覇者)。当時から有力な前哨戦として機能していた例外的なレースであり、考慮に入れておくべきだろう。

府中牝馬SがGⅡに昇格した2011年以降、馬券になった30頭中28頭が前走GⅠかGⅡ。中でも相性が良いのはオークスで連対していた馬で、参考10レース全てで該当馬が1頭以上馬券に絡んでいる。この傾向はスイープトウショウが勝った2005年から17年連続で続いている。今年の該当馬はアカイトリノムスメとウインマリリンだ。

また同距離の宝塚記念で馬券になった経験を持つ馬も走っており、このうち3番人気以内に限ると【2-2-3-1】複勝率87.5%。唯一の着外だった2016年のマリアライトは1コーナーで致命的な不利を受けたもので、まともならレイパパレも大丈夫だろう。

秋華賞からの連勝へ

◎アカイトリノムスメ
ハイレベル3歳牝馬の筆頭格。前走の秋華賞ではそつのないレース運びで初GⅠ制覇を飾った。今年の牝馬三冠を皆勤、かつ唯一崩れなかった馬であり、超高速決着を先行して4着だった桜花賞、中団からしぶとく脚を伸ばして2着に食い込んだオークスと好走の形に幅があるのも魅力的だ。前述した「オークス連対馬」であることも追い風。

古馬初挑戦でGⅠ・1番人気になった3歳馬は2007年エリザベス女王杯・ダイワスカーレット以降【5-3-3-0】のパーフェクトで、1番人気ならさらに信頼度は上がる。

◯レイパパレ
6連勝で豪華メンバーの大阪杯を逃げ切った実力馬。次走の宝塚記念ではクロノジェネシスとユニコーンライオンに先着を許したものの、3着に粘り切った内容は地力を証明するもの。前走のオールカマーは4着に敗れたが、斤量面の差と道中外を回されたぶん情状酌量の余地がある。ここまで秋GⅠ全てで馬券に絡んでいるルメール騎手を背に巻き返してくるだろう。

▲テルツェット
ここまで8戦して6勝3着1回。高速決着でさすがに忙しかったヴィクトリアマイル以外は崩れのない馬。前走クイーンSはマジックキャッスル(秋華賞2着・VM3着)が勝つ流れを後方から強引に差し切り、トップクラスの馬を自分の形でねじ伏せてみせた。開催が進み外差しが効き始めるであろう馬場にもマッチする。デムーロ騎手は同レース直近5回連続で馬券圏内と頼りになる。前走GⅢ、初の2200mなどの不安を加味して上記2頭より一枚下の評価としたが、力も妙味もある。

その他目黒記念とオールカマーで異なるタイプの競馬に対応したウインキートスを押さえる。オールカマーを勝ったウインマリリンは消し。前走は中山巧者らしく内枠から何もかもを利した素晴らしいレース運びで、これ以上の上積みは難しい。コンディションの問題からか調教も今一つの内容。鞍上の横山武史騎手もタイトルホルダーで菊花賞を逃げ切ったが、これが阪神芝での初勝利だった。本来はかなり苦手にしている舞台であり、人気ほどの信頼度はないだろう。

印を打った馬たちの実力が抜けていると考え、馬券は◎◯から3連複2点で勝負する。

▽エリザベス女王杯予想▽
◎アカイトリノムスメ
◯レイパパレ
▲テルツェット
△ウインキートス

《ライタープロフィール》
東大ホースメンクラブ

約30年にわたる伝統をもつ東京大学の競馬サークル。現役東大生が日夜さまざまな角度から競馬を研究している。現在「東大ホースメンクラブの愉快な仲間たちのブログ」で予想を公開中。秋GⅠシーズンに合わせ、新入部員募集中。

《関連記事》
【エリザベス女王杯】データで明暗くっきり 候補はアカイトリノムスメと前走オールカマー好走馬!
【エリザベス女王杯】1番人気苦戦、下半期牝馬決戦の歴史 GⅠ史に残る大波乱とスノーフェアリーの連覇
【エリザベス女王杯】ソダシ不在で「紅紅決着」に一票!? ウイン2頭「消し」で波乱の目も

おすすめ記事