【ファンタジーS】小倉2歳Sの再戦ムード AIは「前走2着」「ノーザンF生産」のスリーパーダ本命

SPAIA編集部

ファンタジーS スリーパーダの好データ(過去10年)

ⒸSPAIA

小倉2歳S組の単回収率は1010%

11月6日(土)に阪神競馬場で行われるファンタジーS(GⅢ・芝1400m)。近年はダノンファンタジー、レシステンシアと2頭の優勝馬が2歳女王の座に輝いている。注目のレースをAI予想エンジンKAIBAはどう予想したのだろうか。

本命はスリーパーダ。過去10年で「前走小倉2歳S組」は3勝と好相性。勝率30.0%、14年に14番人気クールホタルビの1着があり、単回収率は1010%と驚くべき成績が残っている。今年のメンバーを見渡すと小倉2歳Sの1〜3着馬が全て出走し、再戦ムードが漂う。

そんな中、「前走2着馬」は勝率11.8%、連対率35.3%、複勝率41.2%と結果を残しており、回収率も単複ともに100%オーバー。さらに「ノーザンF生産馬」は最多の6勝、勝率25.0%、連対率33.3%というデータを見ると、今回はスリーパーダの逆転に期待が高まる。

馬体重は400kg前後と小柄だが、姉はオークス馬シンハライトという良血。このレースをステップに大舞台での飛躍を期待したい。

AI予想エンジンKAIBA
◎スリーパーダ
◯ナムラクレア
▲ウォーターナビレラ
△オルコス
×アネゴハダ

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想をする。これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。


《関連記事》
【アルゼンチン共和国杯】連覇狙うオーソリティは消し! ハイブリッド式消去法で浮上した本命候補は?
【みやこS】オーヴェルニュに巻き返し気配 長欠明け3戦目ヴェンジェンスも要チェック
【みやこS】コース傾向を徹底分析 データに合致したのはクリンチャーとスワーヴアラミス

おすすめ記事