【菊花賞】皐月賞馬・ダービー馬不在で大混戦! 神戸新聞杯組にも不安要素あり 前後編【動画あり】

SPAIA編集部

2021年菊花賞に出走するオーソクレース,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA(撮影:三木俊幸)

G1馬不在で混戦模様

2021年10月24日に阪神競馬場で行われる菊花賞。今年はG1馬不在で混戦模様の一戦、過去のデータを見ながらSPAIA編集部が予想する。

皐月賞、ダービーで3着し、神戸新聞杯を制したステラヴェローチェ、セントライト記念を勝ち勢いに乗るアサマノイタズラなど、春の実績馬から上り馬まで幅広く出走を表明。データは神戸新聞杯組の優勢を示す。しかし今年は京都ではなく阪神開催。今までの好データを疑う余地もあり、様々なデータから大混戦の菊花賞を予想する。



【菊花賞 2021予想(前編)】皐月賞馬もダービー馬も不在! トライアル組の気になるデータとは?(SPAIA編)


【菊花賞 2021予想(後編)】皐月賞馬もダービー馬も不在! トライアル組の気になるデータとは?(SPAIA編)

おすすめ記事