【AI予想回顧】ローズSは良血馬アンドヴァラナウトが勝利 三冠最終戦トライアルの予想結果は?

SPAIA編集部

イメージ画像,ⒸSPAIA(撮影:三木俊幸)

ⒸSPAIA(撮影:三木俊幸)

祖母エアグルーヴという良血馬

先週末は秋華賞、菊花賞への切符をかけたトライアル2レースが行われた。AI予想エンジンKAIBAはローズS(GⅡ・芝2000m)とセントライト記念(GⅡ・芝2200m)を的中させることができたのか、振り返っていこう。

中京競馬場で行われたローズSの本命はスパークル。過去3年の中京芝2000mのデータから中内田充正厩舎がトップの成績を残していること、エピファネイア産駒の牝馬が複勝率41.7%と高いことに期待してのものだった。

好スタートからエイシンヒテンがレースの主導権を握った中、スパークルは好位を追走。前半1000mの通過が1:01.2とスローペース、3〜4角中間地点あたりから外を通って徐々にポジションを押し上げていく。しかし、もともと切れる脚が使えないタイプだということに加えて、重賞の相手で苦しかったか馬群へ沈んでいき、勝ち馬から0.9秒離された10着に終わった。

勝利したのはスパークルの直後、6番手を追走していたアンドヴァラナウトだった。直線では外から勢いよく伸びて、残り200mで逃げるエイシンヒテンを交わすと1.1/4馬身差をつけてゴール。前走で1勝クラスを勝ったばかりの格上挑戦だったが、祖母はエアグルーヴ、母はマーメイドSを勝利しているグルヴェイグという良血馬らしい見事なレースぶりだった。

最後まで粘ったエイシンヒテンが2着、桜花賞とオークスはともに5着と健闘していたアールドヴィーヴルが3着となり、秋華賞への優先出走権を獲得している。

後方から差し切り

菊花賞トライアルのセントライト記念。AIの本命はルペルカーリア。母シーザリオという超良血馬で、前走の京都新聞杯は2着に敗れたものの、厳しいラップを刻んでのものだった。

スタートしてすぐの正面スタンド前ではノースブリッジが先頭に立つかと思われたが、1角入口でワールドリバイバルが勢いよく交わしていく。2角ではルペルカーリアが外から進出して先頭へと並びかけ、ワールドリバイバルもハナを譲らないという出入りの激しい展開。前半1000mは1:00.5で通過する。

4角ではさらにグラティアス、ソーヴァリアントも加わり4頭横並びで直線へと向いたが失速。ルペルカーリアは7着という結果だった。

イメージ画像,ⒸSPAIA(撮影:三木俊幸)

残り200mで楽な手応えで先頭に立ったのは道中6番手追走、夏の北海道で2連勝したソーヴァリアント。そのまま押し切るかというところ、大外から勢いよく追い込んできたのはアサマノイタズラ。ゴール前でクビ差交わして重賞初制覇を飾った。3着には昨年暮れのホープフルS以来の出走となったオーソクレースが入り、3連単は30万馬券の波乱が起こった。

イメージ画像,ⒸSPAIA(撮影:三木俊幸)
イメージ画像,ⒸSPAIA(撮影:三木俊幸)


ローズS、セントライト記念と先週末の重賞は残念ながら予想が不発に。今週末のオールカマーと神戸新聞杯に期待したい。

《関連記事》
【神戸新聞杯】前走ダービー組が圧倒的! シャフリヤールとステラヴェローチェの1点でよし?
【オールカマー】複数データに一致、連軸不動レイパパレ! 相手もクラブ馬?
【神戸新聞杯】あまたの名馬が通った神戸新聞杯の歴史 悲運の素質馬・リアファル

おすすめ記事