【新潟記念】ザダル&トーセンスーリヤ“消し”で大波乱に期待!? ハイブリッド式消去法で残った6頭とは

八木遊

2021年新潟記念の消去法データ,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

5つのデータから絞れた馬は?

先週予想したのは札幌で行われた『キーンランドC』。最終的にカツジとレイハリアの2頭が残ったが、カツジを本命にした時点でゲームオーバー。低調で終えた夏も終わりが近づき、9月になれば“ツキ”も変わってくれるだろうか。

今週は新潟で行われる伝統のハンデ重賞『新潟記念』を予想する。いつも通り過去10年のデータから、複勝率10%未満の「凡走データ」を5つピックアップ。当てはまった馬を消していく。

『前走から距離短縮』×『サンデーサイレンス系』★0.0%★

まず取り上げたいのが距離変動別データだ。前走2000mを超える距離を走ったいわゆる距離短縮組は過去10年で【2-0-1-17】(複勝率15.0%)。絶対数は少ないが、父系がサンデーサイレンス(SS)系だと、【0-0-0-12】(同0.0%)となぜか好走例が一度もない。最初の消去データはこの組み合わせを採用したい。

消去対象になったのはアドマイヤポラリスとラーゴムの2頭。後者は2月のきさらぎ賞を勝って春のクラシック2冠に挑んだが、ともに2桁着順に沈んだ。ポテンシャルは高いだけに今回はまずまず人気しそうだが、ハイブリッド式ではチャンスなしとみる。

【今年の該当馬】
・アドマイヤポラリス
・ラーゴム

『非社台系生産』×『前走左回り』★4.0%★

続いては生産者別データを見てみたい。過去10年で社台系生産馬は【8-8-5-67】(複勝率23.9%)と好成績を残している。一方、非社台系は【2-2-5-66】(同12.0%)で苦戦傾向。特に、前走で左回りコースを走っていた場合は【0-0-1-24】(同4.0%)で、3着が1度あるだけだった。非社台系生産馬は右回りからのコース替わりが狙い目といえそうだ。

今年このデータに当てはまったのは、消去済みのアドマイヤポラリスなど4頭。エプソムCを快勝したザダルは1番人気の可能性もありそうだが、ここは思い切って消しという判断を下す。

【今年の該当馬】
・(アドマイヤポラリス)
・ザダル
・マイネルサーパス
・ヤシャマル

『前走人気>前走着順』×『6歳以上』★4.3%★

3つ目のデータは前走の人気と着順に注目した。前走で人気以上に好走していた馬は過去10年で【4-3-6-77】(複勝率14.4%)という平均的な数字。ただし6歳以上に絞ると、【1-0-1-44】(同4.3%)と10%を大きく割り込んだ。

今年はトーセンスーリヤ、ギベオン、プレシャスブルーの3頭がこれに該当。ザダルに続いて上位人気濃厚のトーセンスーリヤも消去対象となった。実績上位馬が次々と消えた今年の新潟記念は大波乱が待っているのかもしれない。

【今年の該当馬】
・ギベオン
・トーセンスーリヤ
・プレシャスブルー

『前走から距離延長』×『前走馬体重減』★4.8%★

4つ目は再び距離変動別データを取り上げる。前走で2000m未満を走ってここに臨む馬、すなわち距離延長組は過去10年で【1-1-3-40】(複勝率11.1%)とかなり苦戦している。特に、その前走で馬体重を減らしていた馬は【1-0-0-20】(同4.8%)と、好走例は1度しかない。

今年このデータに当てはまったのは1頭だけ。2歳時にはその将来が嘱望されたリアアメリアだ。新馬戦以来となる牡馬相手に復活を遂げるのは難しいとみて消去する。

【今年の該当馬】
・リアアメリア

『キャリア21戦以上』×『前走9着以下』★5.6%★

最後はキャリア数と前走着順の組み合わせから消去条件を探った。行き着いたのはキャリア21戦以上、かつ前走9着以下に凡走していた馬。この組み合わせは過去10年で36頭いたが、【0-2-0-34】(複勝率5.6%)と苦戦を強いられている。

今年このデータに当てはまったのはサトノアーサー、サトノクロニクルなど4頭。マイネルサーパスはすでに消去済みのため、新たに3頭が消去リストに加わった。

【今年の該当馬】
・サトノアーサー
・サトノクロニクル
・(マイネルサーパス)
・マイネルファンロン

以上、5つの消去データを経て、残ったのはエフェクトオン、クラヴェル、ショウナンバルディ、パルティアーモ、ラインベック、そしてレッドサイオンの6頭。最終追い切りと当日のパドックで気配を見て、この中から本命を決める予定だ。

【ライタープロフィール】
八木 遊
野球兼競馬ライター。スポーツデータ会社やテレビ局の校閲職などを経てフリーに。2021年から、恥を覚悟でTwitter(@Yuuu_Yagi11)にて全重賞の予想、買い目、年間収支を掲載中(8月29日時点の回収率は32.1%)。

《関連記事》
【新潟記念】大混戦! 一発狙いはサマー2000シリーズに出走していない馬?
【小倉2歳S】前走新馬勝ちが優勢も、あえて狙ってみたいフェニックス賞1着ナムラクレア
【札幌2歳S】リューベックは危険な人気馬か? 「関西馬」「乗り替わり」「前走逃げ」の三重苦

おすすめ記事