【アイビスSD結果速報】オールアットワンスが重賞初勝利 ライオンボスは2年連続2着

SPAIA編集部

2021年アイビスSDのレース結果,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

オールアットワンスが直線勝負を制す

7月25日、新潟競馬場で行われたアイビスSDは石川裕紀人騎手騎乗のオールアットワンスが1着で入線。2着にはライオンボス、3着にはバカラクイーンが入線した。

注目の先行争いはライオンボスが外ラチ沿いに進路をとって逃げる形に。オールアットワンスは序盤少し狭くなる場面もあったが、外にはこだわらず立て直し、終始抜群の手応えで堂々と抜け出した。

果敢に逃げたライオンボスが粘って2着。千直で初めての大敗となった前走から巻き返したが、2年連続となる悔しい2着。3着には1枠1番からただ1頭、内ラチ沿いを走る競馬を選択したバカラクイーン。大穴を演出した。

※万全を期すため、主催者が発表する情報と照合してください。




《関連記事》
【アイビスSD】ライオンボスもモントライゼも危険! 今年は波乱も考えたい新潟名物アイビスSDを大分析!
【アイビスSD】活躍目立つ「牝馬」と「マイナー血統」 カルストンライトオのレコード勝ちなど歴史を振り返る
【アイビスSD】年に一度の千直重賞 ライオンボス&モントライゼ「消し」で波乱に期待!

おすすめ記事