【アイビスSD】前走プラス評価、条件も良し 千直スペシャリスト、ライオンボス復活なるか

山崎エリカ

イメージ画像,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

直線1000mは外枠有利だが、開幕週で内枠も警戒が必要

今週から野芝100%の新潟競馬が開幕。新潟芝コースは福島代替開催を含めた1~2回開催は、Bコースを使用。今開催は昨秋以来のAコース使用となるため、コーナーのある芝1200m以上は、前開催から一転して内枠有利になるはず。

また、ボロボロになったBコースより外側も2回新潟終了後に芝の張り替えが行われているが、いくら野芝の発育期といっても約2ヵ月では、例年のような絶好状態まで持ていけないだろう。実際にJRA公式サイトでも「一部は発育が遅れている個所が在る」と発表されている。

こうなると直線1000mで外ラチ沿いを走れる外枠は当然有利だが、真ん中は伸びず、欧州の直線レースのように、内と外に馬群が分かれてレースが進む可能性も視野に入れなければならない。土曜日に行われる最終12レース、1勝クラスの直線1000m戦はしっかり見ておいたほうがいいだろう。

能力値1~5位馬を紹介

アイビスサマーダッシュ出走馬のPP指数,インフォグラフィック,ⒸSPAIA


【能力値1位 グレイトゲイナー】
格上挑戦ながら、近走の安定感ある成績で能力値1位。前々走の蒲郡特別では、平均ペースで逃げて2勝クラスの安定勢力アビエルト(2着)に3馬身差をつけて完勝V。前走の3勝クラス・テレビユー福島賞では外枠から前の位置を取りに行ったものの、内枠各馬が速く、それらが競り合ってペースアップしたために、控えて中団から。先行争いに加わらなかったことで、直線一気を決めた勝ち馬ほどではないにせよ、やや展開に恵まれて2着を死守した。

前走はコーナーロスを作りながらの競馬で、4角で大外を回っていることを考えると、内容は悪くない。しかし、折り合う競馬をしたことは、距離延長ならプラスでも、さらに距離が短い、直線1000m戦に向かう上ではプラスではない。今回は中目の枠。ダッシュが付かずに、いい位置が取れない可能性がある。

【能力値2位 タマモメイトウ】
前走の韋駄天Sは出遅れたが、一気に大外へ進路を変えて外ラチ沿いを確保。ハンデが53㎏と軽かったこともあり、強烈な末脚で差し切った。前走時はもろに向かい風の中、前かペースを引き上げたことで全てが上手くいった。前走で能力を出し切っており、さらに上昇となると疑問が残る。今回は中目の枠。どう乗るか?

【能力値3位 ライオンボス】
2019年の韋駄天Sで自己最高指数を記録。その次走でアイビスサマーダッシュを制し、昨年も韋駄天S1着、アイビスサマーダッシュ2着の実績があるように、この距離のスペシャリストだ。

3度目の挑戦となった前走の韋駄天Sは、ダ1200m戦を使った後の一戦で、中目の枠。もろに向かい風だったこともあり、同馬としてはスタートダッシュが付かず、押して押して外に寄せながら前の位置を取りに行ったが、馬場の良いところを通り切れずに9着に失速した。

しかし、前走で積極的に出して行ったことで、今回では楽にスピードに乗れるはず。ここが目標。前走時よりも馬場のいい今回で、外目の枠、自分の競馬ができれば復活の可能性も十分ある。

【能力値4位 ジュランビル】
前走は準オープンで3着。それでも前走で崩れている馬が多い今回のメンバーでは能力値4位となる。5走前のうずしおSで展開を利して、2列目の内から勝ち馬と0.2秒差(2着)に粘り、自己最高指数を記録したが、その後は崩れており、おおよその能力の天井は想定できる。前走のマレーシアCは小倉の超高速馬場で、最短距離を立ち回って勝ち馬と0.2秒差(3着)。5走前と同等の自己最高指数タイの走りを見せており、さらなる上昇は微妙だ。

【能力値5位 トキメキ】
やや速い流れを行きたがるのを宥めながら、2列目外から押し切った5走前の2勝クラスの指数は悪くない。近2走はともに、逃げた人気のサウンドカナロアが2桁着順に敗れる前が厳しい流れ。前走の安達太良Sも外々から勝ちに行く競馬で人気を裏切ってはいるが、能力を出し切れなかったことで、連闘策がプラスに働く可能性は十分。ただ、今回は中目の枠。テンがそこまで速いタイプではないだけに、いい位置が取れるかどうかが課題。

穴馬は斤量51㎏の3歳馬オールアットワンス

オールアットワンスは、デビューから積極策で2連勝した快速馬。実績は同世代のモントライゼには見劣るが、勢いが重要な3歳馬において、前走の葵Sで3着と、同馬に先着していることは評価できる。前走はテイエムトッキュウが大逃げを打って、緩みない流れとなった中、そこからやや離れた好位でレースを進めて、最後までしぶとく粘って、強敵レイハリアと0.1秒差。

今回は斤量51㎏。長距離の時計の掛かる馬場ならば、この軽斤量にさほど優位性はないが、スピードを生かす上では明らかに有利。大外のロジクライが回避し、外から3番目の枠順も悪くない。

※パワーポイント指数(PP指数)とは?
●新馬・未勝利の平均勝ちタイムを基準「0」とし、それより価値が高ければマイナスで表示
例)タマモメイトウの前走指数「-19」は、新馬・未勝利の平均勝ちタイムよりも1.8秒速い
●指数欄の背景色の緑は芝、茶色はダート
●能力値= (前走指数+前々走指数+近5走の最高指数)÷3
●最高値とはその馬がこれまでに記録した一番高い指数
能力値と最高値ともに1位の馬は鉄板級。能力値上位馬は本命候補、最高値上位馬は穴馬候補

ライタープロフィール
山崎エリカ
類い稀な勝負強さで「負けない女」の異名をとる女性予想家。独自に開発したPP指数を武器にレース分析し、高配当ゲットを狙う! netkeiba.com等で執筆。好きな馬は、強さと脆さが同居している、メジロパーマーのような逃げ馬。


《関連記事》
【アイビスSD】ライオンボスもモントライゼも危険! 今年は波乱も考えたい新潟名物アイビスSDを大分析!
【アイビスSD】活躍目立つ「牝馬」と「マイナー血統」 カルストンライトオのレコード勝ちなど歴史を振り返る
【アイビスSD】年に一度の千直重賞 ライオンボス&モントライゼ「消し」で波乱に期待!

おすすめ記事