【プロキオンS】単回収率251%、ダートの道悪ならボールドルーラー系 AIの本命はサンライズホープ

SPAIA編集部

小倉ダート1700m ボールドルーラー系の成績(過去5年),ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

スマッシャーと同父

一昨年までは中京、昨年は阪神のダート1400mという条件で行われていたが、今年は小倉のダート1700mという舞台で争われることとなったプロキオンS。AI予想エンジンKAIBAはどのような予想となったのか見ていこう。

小倉ダート1700m ボールドルーラー系の成績(過去5年),ⒸSPAIA


本命は現在2連勝中のサンライズホープ。同馬の父はダートの名血・ボールドルーラー系種牡馬のマジェスティックウォリアー。過去5年の小倉ダート1700m戦におけるボールドルーラー系の成績に着目した。

全体でも単回収率134%、複回収率108%というプラス収支だが、さらに重・不良の道悪になった時は単回収率251%、複回収率115%まで上昇。今週末も雨で道悪になることが想定されており、歓迎材料だと言える。

マジェスティックウォリアー産駒の道悪と言えば、先日のユニコーンSを7番人気スマッシャーが勝利したのが記憶に新しい。父の勢いに乗ってここでも好結果を残してくれることを期待したい。

AI予想エンジンKAIBA
◎サンライズホープ
◯ダノンスプレンダー
▲ウェスタールンド
△ナムラカメタロー
×スマートダンディー

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想をする。これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。


《関連記事》
【七夕賞】クレッシェンドラヴは【0-0-0-26】データに該当で真っ先に消し!枠順次第では買える馬不在!?
【プロキオンS】舞台は小倉ダート1700m! カギを握る距離短縮組の取捨とは?
【七夕賞】穴党注目の荒れる重賞、連覇はミヤビランベリただ1頭 七夕賞の歴史を振り返る

おすすめ記事