【京王杯SC】前走GⅠ出走馬の単回収率167% AIの本命は芝3勝の穴馬エアアルマス

SPAIA編集部

京王杯SC 前走重賞出走馬の成績(過去10年)

ⒸSPAIA

AIの本命は?

5月15日(土)に東京競馬場で行われる京王杯スプリングC(GⅡ・芝1400m)。安田記念の前哨戦という位置付けだが、近年はこのレースから夏のサマーシリーズへ向かう馬も多く、スプリント色の強い馬が好走する傾向にあると言える。

京王杯SC 前走重賞出走馬の成績(過去10年)


そんな一戦でAI予想エンジンKAIBAが本命に推奨したのはエアアルマス。過去10年の京王杯SCで前走GⅠに出走していた馬は【4-1-3-26】、単回収率167%というデータが。前走でダートとはいえGⅠフェブラリーSに出走していた同馬はこれに該当する。

もともとは芝のレースでも3勝をあげている実力馬で、2勝クラスを勝利した際の2着馬はヴィクトリアマイルにも出走するサウンドキアラ。33秒台前半の上がり決着にも実績があるだけに、距離短縮と久々の芝で一発に期待したい。

AI予想エンジンKAIBA
◎エアアルマス
○シャインガーネット
▲ラウダシオン
△グルーヴィット
×カイザーミノル

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想をする。これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。


《関連記事》
【ヴィクトリアマイル】グランアレグリアに逆らう余地なし! ハイブリッド式消去法で残るのは最大7頭
【ヴィクトリアマイル】今年も「リピート・リベンジ馬」の好走はあるのか? 牝馬マイル決戦の注目ポイント
【ヴィクトリアマイル】両雄並び立たず! グランアレグリアとレシステンシア、評価すべきはどっちだ?

おすすめ記事