【アンタレスS】1000m通過59.2秒、明暗を分けた超ハイペース 上位馬との付き合い方は

勝木淳

2021年アンタレスSのレース結果ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

まさかの超ハイペース

息長く活躍できるダート馬は層が厚い。若い馬は出走枠に限りがある地方交流重賞に出走しにくい。出走決定順のルールは見直され、かつてのように昔賞金を稼いだ馬たちに独占されることはなくなったが、それでも選択肢を広げるためには芝以上に賞金加算が必要になる。

貴重なJRAダート重賞のひとつ、アンタレスSを勝ったのは4歳テーオーケインズ。昨秋にオープン入り、暮れにベテルギウスS2着から連闘で挑んだ東京大賞典では、オメガパフュームの0.2差6着と力をつけた。年明け初戦の名古屋城Sは不良馬場で勝利。重馬場のアンタレスSと道悪で連勝を飾った。これでダートの重・不良馬場で通算【2-0-1-0】。まずはこの適性を覚えておこう。

レースは大外枠のナムラカメタローが先行態勢に入ったことで、内にいたメイショウカズサが先手を主張。ハナに立ちかけたところに、一周目のゴール板すぎから最内のケイアイパープルが激しく抵抗、2頭がもつれるように1コーナーに入った。こうした雁行状態が続き、1000m通過は59.2。やや重だった昨年が1分1秒1なので、馬場を考えても早かった。

後半800mは12.5-12.8-12.1-12.4。ハナ争いを演じた2頭はさすがに加速できず、失速ラップ。残り400mで加速ラップに転じさせた8着レピアーウィットはマーチSの再現を狙うも、前半のハイペースも合わせて苦しかった。無理はあったものの、自分の形を崩さなかった点は評価したい。

勝ったテーオーケインズはこれら激しい先行争いの背後、道悪適性が高く、ダートのスピード勝負に強い同馬は余裕をもって追走、レピアーウィットを目標にタイミングよく仕掛けた。

同馬の父シニスターミニスターはエーピーインディ系の父、そして母系からデピュティミニスターの血を引く。代表産駒インカンテーション、ヤマニンアンプリメなど、傾向としては高齢になっても活躍できる活力と軽いダート向き。

産駒の通算成績では、ダートのやや重がもっともよく、【58-53-36-422】勝率10.2%、複勝率25.8%。血統のイメージほど重・不良は走れないが、重賞レベルまで出世する馬は総じて道悪が得意。そういった意味でもテーオーケインズも走るシニスターミニスター産駒といえる。まだ4歳、同産駒の活力を武器にダート路線で長く活躍するだろう。

上位好走馬、今後どう付き合う?

2着2番人気ヒストリーメイカーは3度目の重賞2着。歯がゆいところもあるが、重賞で安定して結果を残せるように7歳にして充実期。テーオーケインズが動いたときにグリムとの間で狭くなる場面もあったが、最後までしぶとかった。大型馬に強い剛腕系ジョッキー内田博幸騎手とは手が合うようだ。

東京大賞典の結果からもテーオーケインズとは差がなく、勝負所で早めに動ける機動性の有無が明暗をわけた。ペースアップでもたつくところがなくなれば、重賞に手が届くはずだが、改善できる保証はなく、今後もひとまずは連下候補、ないし馬連・3連複の軸といった評価でよさそうだ。

3着は6番人気ロードブレス。このレースと相性がいい名古屋大賞典組がまたも馬券に絡んできた。来年以降もこのローテは要注意だ。昨秋日本テレビ盃勝ちがある実績馬で58キロを背負いながらも最後までしぶとく差を詰めた。前が引っ張る流れも味方したが、同じ位置にいて先に動いた4着ダノンスプレンダーを最後に捕らえたので、勝負所で仕掛けを遅らせたのは正解だった。

前半が早くなりそうな流れを読んで下げたようだが、中央のダートでは前半の追走が厳しそうだ。地方交流重賞であれば、もっと先行できる馬で、安定感もある。次走以降は出走するレース次第だろう。

ライタープロフィール
勝木 淳
競馬ライター。競馬系出版社勤務を経てフリーに。優駿エッセイ賞2016にて『築地と競馬と』でグランプリ受賞。主に競馬のWEBフリーペーパー&ブログ『ウマフリ』や競馬雑誌『優駿』(中央競馬ピーアール・センター)にて記事を執筆。

2021年アンタレスSのレース結果ⒸSPAIA


《関連記事》
【フローラS】上位人気は過信禁物! 「キャリア」「前走距離」から狙ってみたい穴候補とは
【マイラーズC】「父ディープインパクト」「前走マイル」「逃げ・先行」 阪神マイルの好走パターンとは
【福島牝馬S】「5、6歳の関西馬」「中山牝馬S組9勝」“福島牝馬Sイン新潟”は今年も大波乱か?

おすすめ記事