反撃を見せた川田騎手が5位に浮上 ローカル開催で活躍した騎手は?【2月終了時点の騎手リーディング】

三木俊幸

2月終了時点の騎手リーディングインフォグラフィックⒸSPAIA

ⒸSPAIA

勝利数、賞金ともにルメール騎手がトップ

2月終了時点の騎手リーディングインフォグラフィックⒸSPAIA


先週末で2月の開催が終了し、3月に突入。クラシックトライアルや月末にはGⅠ高松宮記念も行われ、騎手の手腕が問われるレースはさらに多くなってくることだろう。騎手の調子の波を把握し、より馬券に結びつけるという点から2月終了時点のリーディング騎手成績、そして2月に顕著な活躍を見せた騎手について振り返っていこう。

リーディングトップは今月も変わらずルメール騎手。開催日8日間で16勝をマークし、38勝まで勝ち星を積み重ねた。日別の勝利数を見ると、4→0→0→3→2→4→0→3と半数にあたる4日間で3勝以上をあげており、当たり前の光景となっている。また重賞レースはフェブラリーSの1勝のみだったが、獲得賞金は759,821,000円と賞金面でも2位以下に大きな差をつけている。

2位は26勝の福永騎手。前半4日間は毎日1勝ずつ着実に勝利を積み重ねていたが、一時は3位に転落。しかし、最終週に4勝をあげて月間の勝利数は10勝、最終的には再浮上した。2月は重賞勝利こそなかったが、共同通信杯3着、京都牝馬S2着など好走することも多かった。

3位は24勝の松山騎手。2→3→1→0→1→0→0→1という日別の成績からも分かるように、1週目に5勝をあげる活躍を見せたものの、その後はなかなか勝ち星を積み重ねることができなかった。しかし先週末の中山記念では中山金杯に続き、ヒシイグアスとのコンビで重賞制覇を果たしており、管理する堀厩舎からの騎乗依頼も増加。今月以降も「松山騎手×堀厩舎」には注目していきたい。

4位は22勝をマークした田辺騎手。ここまで重賞勝利はないが、年明けから安定感を発揮し、2月の日別の成績は0→3→1→0→2→1→2→0で合計9勝。その内7勝が芝のレース、2400m戦では3勝と無類の強さを誇った。

ここまでは1月終了時点と同じ順位だったが、混戦の5位争いには変化が見られた。ランクインしたのは先月は圏外だった川田騎手。月間11勝、トータルで17勝まで勝ち星を増やした。月間の騎乗回数は52回と上位騎手の中では少ないが、京都記念1着、ダイヤモンドS2着など堅実に賞金を積み重ねていき、471,807,000円で賞金ランキングでも3位に浮上している。

月間11勝の岩田望騎手

1月終了時点で5位だった戸崎騎手は、今回は順位を下げて8位となった。しかし、その理由として2月20日にサウジアラビアで行われた国際競走への遠征があげられる。海外から帰国後は14日間の隔離措置が必要となるため、2月は前半2週間しか日本で騎乗することができなかった。

それでも、クイーンCの勝利を含む5勝は立派。3月もドバイ遠征が控えているのでリーディングトップ5に名を連ねるのは難しいが、復帰後の短期間で再び荒稼ぎというシーンが見られるかもしれない。

その他2月に活躍した騎手として、岩田望騎手の存在も忘れてはならない。月間勝利数11勝は川田騎手と並んで2位タイ。2月21日には1日5勝の固め打ちを見せた。当日は東京競馬場でフェブラリーS、小倉競馬場で小倉大賞典が行われたこともあり、騎手が手薄になっていたという面もあったが、新馬戦では13番人気のクインズバジルを勝利に導くシーンも見られた。

競馬場を問わず安定した成績を残せるタイプで、2月の複回収率は128%。そうした点を踏まえると、3連複要員として馬券に組み込んでみるのが良さそうだ。

ローカル開催は今週末まで小倉、翌週から中京へと舞台が移る。安定感という面では昨年の関東リーディング2位の吉田隼騎手。2月の小倉での成績は9勝と最多だった。また小倉参戦で復調気配なのは浜中騎手。近年は成績が下降気味で存在感が薄い印象だったが、冬の小倉開催にフル参戦し、2月だけで7勝の活躍を見せた。

中京開催に変わっても実績のあるこの2人が中心となっていきそう。そこに鮫島駿、横山和、西村淳、富田といった若手がどこまで食い下がれるのかという構図になりそうだ。

ライタープロフィール
三木俊幸
編集者として競馬に携わった後、フリーランスとなる。現在は競馬ライターとしてだけでなく、カメラマンとしてJRAや地方競馬など国内外の競馬場で取材活動を行っている。

《関連記事》
【ディープインパクト記念】ダノンザキッド登場で“異例”のトライアルに 狙ってみたい穴馬候補とは
【チューリップ賞】「前走阪神JF」の馬が1番人気で【5-0-2-0】と完璧 メイケイエール鉄板か?
【オーシャンS】「前走1200m組」が9勝 2、3着で狙いたい穴馬とは

おすすめ記事