意外と侮れない「枠連」 同枠決着なら10万馬券の可能性も 狙いやすい条件は?

高橋楓

枠連高額払い戻し金ランキングインフォグラフィックⒸSPAIA

ⒸSPAIA

最高配当額は「123,410円」高額払戻金ランキング!

1993年10月31日。第108回天皇賞・秋。上位人気馬は春秋連覇を狙うライスシャワーが1枠1番、重賞戦線であと一歩の戦いを繰り返していたナイスネイチャが4枠7番、そして重賞連勝中のツインターボが2枠3番でゲートイン。

当時、学生だった私は馬券を買えなかったのだが、父の手には「枠連1-4」の馬券が握られていた。しかも、そこそこの金額で。レースはツインターボが勢いそのままに自身のスタイルに持ち込み、万雷の拍手に送られ一人旅。先行した人気馬は直線を向いても一向に伸びる気配無く、勝ったのは4枠8番ヤマニンゼファー。そして2着に1枠2番セキテイリュウオーが入った。

その時の「獲ったー」という父の言葉は今でも忘れられない。てっきり、人気2頭を狙っていたのだと思ったら、同枠の2頭までケアしていたわけだ。その時に枠連という馬券の魅力の一端を見た。今回はそんな「枠連」について、歴代の高配当を振り返っていく。

枠連 払戻金ランキングⒸSPAIA


第1位は1970年2月22日、小倉競馬場で行われた4歳未出走未勝利戦で記録された123,410円が歴代最高配当。当時はまだ単勝、複勝そして枠連発売しかなかった時代。8頭立てながら単勝100倍以上だったシンナンプウが2着に突っ込んだため大波乱となった。

以下のベスト10は全て同枠の組み合わせ。第2位は1997年3月29日の中山ダート1800mの4歳未出走戦で記録された枠連2-2の106,440円。9番人気ナンヨーアマゾネス、15番人気ブランドスリムの決着だった。

第3位は2001年8月11日、小倉ダート1700m、TVQ杯で記録された枠連2-2、103,430円。12番人気フミノストーム、14番人気トーワスキーの入着だった。ここまでが10万馬券以上の決着だった。以下2017年5月13日京都競馬場の3歳未勝利戦の枠連8-8、98,640円。

第5位は2017年3月19日の中山競馬場3歳未勝利戦で枠連8-8、91,210円となっている。ベスト10のレースを振り返っても、同枠の枠連の組み合わせが馬連の配当を上回ったレースは無かった。7、8枠に3頭いる多頭数の際などは狙ってみても面白いかもしれない。

高配当がでやすいのは阪神!競馬場別平均配当ランキング

枠連 競馬場別 平均配当ランキングⒸSPAIA


次に、現行使用されている競馬場のコースで2010年1月1日から2020年12月31日までに行われた条件で、平均配当が高い順に並べてみる。

・第1位 阪神競馬場(ダ2000m)平均配当2,812円
・第2位 阪神競馬場(芝2200m)平均配当2,665円
・第3位 札幌競馬場(芝1200m)平均配当2,571円
・第4位 福島競馬場(ダ1150m)平均配当2,455円
・第5位 新潟競馬場(芝1400m)平均配当2,455円

正直、平均配当の高さに私は驚いた。どうしても最近は3連系馬券が主流となり、高配当に目がいきがちになるのだが、枠連も捨てたものではないと改めて確認する事ができた。上位にランキングされたコースでは、半数以上のレースが10倍以上のオッズで決着していた。

特に第2位の阪神芝2200mでは50倍以上の払い戻しになる確率が11.2%、うち万馬券率5.6%。札幌芝1200mは50倍以上の払い戻しになる確率が10.3%、万馬券確率が4.3%もある。枠連=低配当と決めつけずに柔軟に狙っていきたい。

「新潟の直線競馬は外枠を狙え」は本当?外枠が強い競馬場を探せ!

枠番・競馬場別 外枠有利ランキングⒸSPAIA


「新潟の直線競馬は外枠を狙え」一度は聞いたことがある格言なのではないだろうか。結論から言うと「本当」である。現行使用されている競馬場のコースで2010年1月1日から2020年12月31日までに行われた条件で1・2枠を内枠、7・8枠と位置づけ調べてみると、

・第1位 新潟競馬場(芝1000m)内枠勝率12.6% 外枠勝率44.0%
・第2位 新潟競馬場(ダ1200m)内枠勝率16.1% 外枠勝率32.1%
・第3位 東京競馬場(ダ1600m)内枠勝率17.6% 外枠勝率31.0%
・第4位 新潟競馬場(ダ1800m)内枠勝率18.2% 外枠勝率29.7%
・第5位 中山競馬場(ダ1800m)内枠勝率19.2% 外枠勝率30.1%

と内外で大きく差が出た。当該コースは枠が外に行けば行くほど上がっていく事が特徴となっている。やはり突出しているのは新潟競馬場の芝1000mの直線競馬。勝率で見ると1枠5.4%、2枠7.2%に対し7枠19.7%、8枠24.3%と圧倒的な差がついている。

また、新潟ダート1200m戦も内枠と外枠で、勝率に倍近くの差がついている事も是非覚えておきたいデータになっている。

《ライタープロフィール》
高橋楓。秋田県出身。
競馬のWEBフリーペーパー&ブログ『ウマフリ』にてライターデビュー。競馬、ボートレースの記事を中心に執筆している。

《関連記事》
【中山記念】上位人気馬に死角アリ! 伏兵の激走も? 当日まで覚えておきたいデータとは
【阪急杯】インディチャンプ、レシステンシアが参戦 浮上する穴候補と覚えておきたいデータとは?
【中山記念】ハイブリッド式消去法で残ったのは1頭 本命候補は前走復活V飾った馬

おすすめ記事