【AI予想回顧】ダイヤモンドSは3連複的中 GⅠフェブラリーSの結果はどうだった?

SPAIA編集部

イメージ画像ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

ダート界の新チャンピオンにふさわしい走り

先週末はGⅠフェブラリーSを含む4重賞が行われた。AI予想エンジンKAIBAはどのような予想をしたのか、そして結果は的中となったのか振り返っていく。

2021年のJRAでのGⅠ開幕戦となったフェブラリーSでAIが本命に推奨したのは、4歳馬のカフェファラオ。同舞台で行われた昨年のユニコーンSでは、後続に5馬身差をつける圧巻の走りを見せている点、昨年のGⅠ、1番人気馬では連対率90.9%と驚異的な成績を残したルメール騎手ということからも、逆らうことはできないと見たようだ。

対抗には初のマイル戦という不安要素はあるものの、前走の根岸Sで差し切り勝ちを見せたレッドルゼル、以下アルクトス、ソリストサンダー、インティとなっていた。

ワイドファラオとエアアルマスを行かせて、3番手のインという絶好のポジションからレースを進めたカフェファラオ。その後ろにアルクトス、中団後方にレッドルゼル、ソリストサンダー、インティという隊列。スタートしてから2ハロン目が10.8、3ハロン目が11.4だった以外は極端に速くなることなくレースは流れていった。

この展開になれば、カフェファラオにとって理想の形。残り200mでエアアルマスを交わして単独先頭に立った後、外からエアスピネルに迫られたものの、脚色は最後まで鈍ることなくそのまま押し切って勝利。

勝ちタイムは1:34.4、過去10年の良馬場で行われたフェブラリーSと比較しても抜けて速く、ダート界の新チャンピオンにふさわしい走りだったと言えるだろう。しかし予想は2着エアスピネル、3着ワンダーリーデルを軽視しており、的中とはならなかった。

待望の重賞勝利

東京競馬場の芝3400mを舞台に行われるマラソンレース、ダイヤモンドS。AIは前走のステイヤーズSで3着と好走した牝馬のポンデザールを本命に推奨した。対抗以下はオーソリティ、ボスジラ、グロンディオーズ、ブラックマジックに印を回した。

レース序盤は長距離戦らしくスローペース。ブラックマジックが逃げ、1番人気のオーソリティが好位を追走する中で本命のポンデザールは中団後方からレースを進めていく。ペースが上がったのは2週目の3角、2番手追走のジャコマルが徐々に先頭に並びかけていき、後続各馬の鞍上の手も動き始める。

残り400m、満を持してオーソリティが抜け出すと、後続を引き離しにかかる。しかしそこに1頭だけ伸びてきたのは、道中7番手を追走していたグロンディオーズ。ジリジリと、しかし一歩ずつ差を詰めると計ったようにゴール前で差し切った。3歳時には菊花賞にも出走した期待馬が1年以上に及ぶ長期休養を経て、6歳にして掴んだ待望の重賞勝利だった。

2着はオーソリティ、そしてポンデザールはそこから5馬身離されたが最後にしぶとさを見せて3着となり、3連複3,050円が的中した。

イベリスが逃げ切り勝ち

例年の京都開催の最終週ではなく、今年は阪神開催の開幕2週目に行われることとなった京都牝馬S。AIは過去10年の同レースで「前走1着」は複勝回収率106%というデータに着目。該当するのはリリーバレロ1頭のみ、前走で馬券に絡んだ馬も他に不在というメンバー構成であることから勢いに期待した。

対抗以下はシャインガーネット、リバティハイツ、ギルデッドミラー、アイラブテーラーとなっていた。

好スタートから迷いなく先頭に立ったイベリスが逃げる形となったレースは、淀みなく流れる。1番人気に支持された本命のリリーバレロは先行集団に取りつく勢いだったが、鞍上の松山騎手は控える競馬を選択し、7番手を追走。直線に向いてから前が開かなかったという面もあったが、伸びず11着という結果に終わった。

勝利したのはイベリス。ラスト3ハロンを11.4-11.2-11.7の34.3でまとめ、1:20.0という好タイムで逃げ切った。2着は4角で10番手だったギルデッドミラー、3着は4角12番手のブランノワールと差し馬も差を詰めたものの、及ばなかった。

テリトーリアルが接戦を制する

小倉競馬場の芝1800mで争われたハンデ戦、小倉大賞典。難解なレースでAIが本命に推したのは、昨年暮れの中日新聞杯で重賞初制覇を飾ったボッケリーニだった。対抗には小回りの1800mを得意としているフェアリーポルカ、3番手以下はヴァンランディ、ヴァンケドミンゴ、トーラスジェミニに印を回していた。

大外枠からディアンドルが行く構えを見せたが、それを制してトーラスジェミニが先頭に立つ。2頭が後続をやや引き離し、5番手にフェアリーポルカ、ボッケリーニはその直後の6番手を追走する。前半1000mの通過は58.0、3角で逃げたトーラスジェミニは苦しくなり後退し、隊列は一気に凝縮した。

ディアンドルがやや外めに持ち出しながら先頭で直線へと向き粘り込みを図ったが、外からテリトーリアルとボッケリーニが強襲してくる。この2頭が並んで接戦となったが、ハナ差でテリトーリアルが制し、重賞初制覇。2月いっぱいで解散となる西浦厩舎にとっても嬉しい勝利となった。重賞連勝を狙った本命のボッケリーニは2着まで、3着のディアンドルも含めて相手は無印評価だった。

《関連記事》
上手な付き合い方のコツは?武豊騎手を「買える条件・買えない条件」
上手な付き合い方のコツは?ルメール騎手の「買える、買えない条件」
全部買うだけで黒字 複回収率200%の条件も 2021年は穴ジョッキー森裕太朗に注目

おすすめ記事