【小倉大賞典】単回収率152%の浜中騎手におまかせ AIの本命はボッケリーニ

SPAIA編集部

小倉芝1800mの主な好成績騎手

ⒸSPAIA

本命はボッケリーニ

フェブラリーS当日の2月21日、小倉競馬場を舞台に行われるのが小倉大賞典。4年連続で3連単配当が10万円を超えている難解なハンデ重賞を、AI予想エンジンKAIBAはどう見たのか。

本命はボッケリーニ。全兄ラブリーデイの成長曲線をなぞるように力をつけ、4歳暮れの中日新聞杯で重賞初V。明け5歳の今年はますますの飛躍が期待される。

騎乗する浜中騎手も過去3年の小倉芝1800mでは連対率30%、単回収率152%と妙味抜群。ここは逆らえないか。

対抗はフェアリーポルカ。昨年は中山牝馬S、福島牝馬Sを連勝しているように、小回りの千八はベストの条件だろう。こちらの和田竜騎手も連対率30%とこのコースは得意。

以下、昨年夏から一気に本格化してきた良血ヴァンランディ、福島記念2着馬ヴァンケドミンゴ、オープン入り後の千八では【2-0-1-1】と堅実なトーラスジェミニまで印が回った。

AI予想エンジンKAIBA
◎ボッケリーニ
○フェアリーポルカ
▲ヴァンランディ
△ヴァンケドミンゴ
×トーラスジェミニ

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想をする。 これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。


《関連記事》
【フェブラリーS】ワンダーリーデルはキケン  激走ゾーンにハマった穴馬候補とは
【フェブラリーS】レッドルゼルはレース間隔、カフェファラオは気分次第 人気馬の死角は?
【フェブラリーS】好データは「5歳」「500キロ以上」「前走1着」など 今年の該当馬は?

おすすめ記事