【根岸S】アルクトス、タイムフライヤーは「24頭連対なし」データに該当 ハイブリッド式消去法で残るのは

八木遊

過去10年の根岸S 『前走から中9週以内』かつ『前走1秒以上差で負け』の成績のインフォグラフィックⒸSPAIA

ⒸSPAIA

5つのデータから絞れた馬は?

先週の『AJCC』では、本命の10番人気ジェネラーレウーノが15着に大敗。年明けの『中山金杯』からこの企画は4連敗となった。今週の予想も空振りに終わるようなら、ハイブリッド式消去法の企画自体、存続の危機。“最後のチャンス”で激走馬を探し当てられるか。

今週取り上げるのはフェブラリーSの前哨戦・根岸S。過去10年のデータから、複勝率10%未満の「凡走データ」を5つピックアップし、消去対象を1頭でも多く探したい。フルゲート16頭に、27頭が登録しているが、ここでは除外対象の11頭を省いて予想を進めていく。

『7歳馬』×『前走3番人気以下』★0.0%★

最初の消去データは、年齢別成績から探した。過去10年で最も苦戦しているのは7歳馬で、【1-1-1-27】(複勝率10.0%)。ちなみに8歳馬は【0-1-5-18】(25.0%)と好成績だ。

苦戦傾向の7歳馬だが、前走で1~2番人気に支持されていた場合は【1-1-1-3】(50.0%)と安定している。逆に前走3番人気以下だと【0-0-0-24】ですべて馬券圏外に沈んでいた。この消去データをまずは取り上げたい。

出走予定16頭の中で、この条件に当てはまったのは地方馬のサブノジュニアなど4頭。いずれも人気薄が予想され、問答無用で消去する。

【今年の該当馬】
・サブノジュニア
・スマートダンディー
・ダイメイフジ
・ヤマニンアンプリメ

『前走から距離延長』×『前走馬体重490kg以上』★2.8%★

続いては、前走からの距離変動別成績から。距離短縮組は【6-2-6-25】(35.9%)と高い複勝率をたたき出している。一方、距離延長組は【2-2-1-48】(9.4%)で、信頼しにくい。距離延長組の好走条件は馬体が大きすぎないこと。前走の馬体重が490kg未満だと【1-2-1-13】(23.5%)とまずまずだ。一方、490kg以上の大型馬は【1-0-0-35】で、好走率はぐっと下がる。

今年この条件に当てはまったのは5頭。このうち3頭が既に消去済みで、新たにシュウジと上位人気が予想されるレッドルゼルを消去する。

【今年の該当馬】
・(サブノジュニア)
・シュウジ
・(ダイメイフジ)
・(ヤマニンアンプリメ)
・レッドルゼル

『美浦所属騎手』×『キャリア21戦以上』★6.7%★

続いては騎手の所属別成績から消去条件を探した。美浦と栗東に所属する騎手の複勝率を比較すると、前者が14.0%、後者は28.6%と栗東所属騎手が優位。美浦所属騎手にとっては厳しい傾向だが、騎乗する馬のキャリアが21戦以上の“ベテラン”だと、【0-1-3-56】で複勝率は6.7%まで半減してしまう。

現時点で想定されている騎手を基に該当したのは以下の5頭。新たにワンダーリーデルなど3頭が消去対象になった。

【今年の該当馬】
・スマートセラヴィー
・(スマートダンディー)
・(ダイメイフジ)
・ブルベアイリーデ
・ワンダーリーデル

『前走から中9週以内』×『前走1秒以上の差で負け』★8.3%★

続いて前走からの間隔と前走着差の2つの要素を掛け合わせた。すると、前走から中9週以内で参戦した馬が前走で1秒以上の差で負けていた場合、【0-0-2-22】で連対はなし、複勝率も8.3%と苦戦していた。惨敗したばかりの馬はある程度(中10週以上)間隔を空けたほうが巻き返しているようだ。

今年このデータにはアルクトス、タイムフライヤーなどの有力馬が当てはまった。また、初ダートのステルヴィオもこれに該当。最後の条件を前に16頭→3頭まで減らすことに成功した。

【今年の該当馬】
・アルクトス
・(シュウジ)
・ステルヴィオ
・タイムフライヤー
・(ブルベアイリーデ)
・メイショウテンスイ

『前走初角3番手以内』×『今回3枠から外』★3.8%★

最後は、枠順がかかわるデータのため、金曜の枠順確定時に取捨を判断する。取り上げたのは前走最初のコーナーを3番手以内で通過していた先行馬だ。この条件に当てはまった馬は過去10年で【0-1-2-29】(9.4%)と苦戦を強いられている。ただし内枠(1~2枠)に入れば、【0-1-1-5】(28.6%)と健闘していた。もし3枠から外に入った場合は【0-0-1-25】で、複勝率は3.8%という厳しい結果が出ている。

残った3頭の中で、前走初角の通過順が3番手以内だったのはヘリオスだけ。もしヘリオスが3枠から外に入った場合は消去したい。

【今年の該当候補】
・ヘリオス

5つの消去条件をすべてくぐり抜けたのは2頭。7歳馬のサクセスエナジーと4歳馬のテイエムサウスダンだけという結果になった。条件付きのヘリオスも含めて、この3頭には「前走勝利」という共通点がある。それぞれ距離やコースに不安を抱えての参戦となるが、中間の動きなども確かめて、この中から本命を指名したい。

【ライタープロフィール】
八木 遊
野球兼競馬ライター。スポーツデータ会社やテレビ局の校閲職などを経てフリーに。2021年から、恥を覚悟でTwitter(@Yuuu_Yagi11)にて全重賞の予想、買い目、年間収支を掲載中。東西金杯から現在9連敗中!


《関連記事》
上手な付き合い方のコツは?武豊騎手を「買える条件・買えない条件」
上手な付き合い方のコツは?ルメール騎手の「買える、買えない条件」
全部買うだけで黒字 複回収率200%の条件も 2021年は穴ジョッキー森裕太朗に注目

おすすめ記事