最高配当は695万2600円 「3連複高額払い戻し」「万馬券発生率条件」ランキング

高橋楓

イメージ画像ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

最高配当は695万2600円

3連複、高額払戻金ランキングⒸSPAIA


平成14年、西暦2002年の6月。福島競馬場で試験的に新馬券「馬単」と「3連複」が発売された。万馬券どころではなく10万馬券も十分に現実的という正に夢馬券だった。そして早速初日の最終レースで14万4480円という配当を叩き出しその破壊力を見せつけた。今回は、その3連複にスポットを当ててみたい。

歴代最高配当は2006年9月9日に中京競馬場で行われた3歳未勝利戦、「695万2600円」で断トツの結果。13番人気→12番人気→8番人気の入着で、560通り中530番人気の決着。

勝ったメイショウギリーはデビュー以来2桁着順でしか走った事がなく、2着デンコウグリーンは前走殿負け。当時の出走表を見ても、「買った人が凄い」と感心するしかない。ちなみにこのレース、勝ち馬の優勝賞金よりも馬券の払い戻しの方が断然高い結果だった。

第2位は2017年12月3日のまたしても中京競馬場、3歳以上500万円以下「550万8830円」がランクイン。3連単でも歴代3位になっているこのレース、地方転入2戦目となった1着馬ディスカバーと3着メイショウナンプウが高配当の立役者となった。

第3位は2012年4月7日の中山競馬場、3歳未勝利戦「334万5390円」。大逃げをうった6番人気サニースペシャルを2、3番手で追走した11番人気アードバーク、14番人気デルマビシャモンがゴール前で交わすという、典型的な前残りのレースとなった。

第4位は2008年3月23日の中山3歳未勝利戦の「288万7360円」、単勝オッズ100倍超えのエターナルロマンスとマイネルフォルザで決まった。

ここまでは全てダートだったが、第5位は3連単でも歴代5位にランクイン、2015年5月17日のGⅠヴィクトリアマイル「286万480円」だ。5番人気に支持されたストレイトガールが優勝したのだが、3着には18番人気ミナレットが江田照男騎手を背に、大駆けを披露し大波乱を起こした。

新潟競馬場の芝・短距離戦にお宝が潜んでいる!?

3連複 競馬場別 万馬券発生率ランキングⒸSPAIA


近10年間で3連複万馬券が出やすい競馬場と距離に迫って見ると、実に興味深い結果が出た。

・1位 新潟競馬場(芝1200m)万馬券発生率50.3%
・2位 新潟競馬場(芝1000m)万馬券発生率49.6%
・3位 中京競馬場(芝1200m)万馬券発生率47.3%
・4位 京都競馬場(芝1200m)万馬券発生率46.9%
・5位 小倉競馬場(芝1200m)万馬券発生率45.7%

ベスト5全てが「芝のスプリント戦以下」になっている。第1位の新潟競馬場(芝1200m)においては、半数以上のレースで3連複万馬券が登場。このコースでは1番人気の複勝率が49.5%しかなく、荒れる傾向にある事がポイント。

また、第5位の小倉競馬場(芝1200m)のレースコースは非常に使用されることが多く841レースも行われているため、45.7%も万馬券が発生している。是非、3連複派の馬券を購入する機会が多い人は覚えておきたいデータである。

3連複 10万馬券発生率ランキングⒸSPAIA


最後に大穴等のファン向けに10万馬券が出やすい条件を調べてみた。

・1位 小倉競馬場(芝1200m・1勝クラス)発生率11.1%
・2位 福島競馬場(芝1200m・1勝クラス)発生率10.4%
・3位 京都競馬場(ダ1200m・2勝クラス)発生率10.1%

発生率が10%を超えているレース条件は3つあり全て古馬混合戦。京都競馬場は現在リニュアール工事中なので参考外になるが、1位と2位の競馬場の該当レースで特大万馬券が出やすいという事は、覚えておいて損はないだろう。

《ライタープロフィール》
高橋楓。秋田県出身。
競馬のWEBフリーペーパー&ブログ『ウマフリ』にてライターデビュー。競馬、ボートレースの記事を中心に執筆している。


《関連記事》
最高配当は2983万2950円 3連単高額払い戻し金ランキング
上手な付き合い方のコツは?ルメール騎手の「買える、買えない条件」
全部買うだけで黒字 複回収率200%の条件も 2021年は穴ジョッキー森裕太朗に注目

おすすめ記事