【AI愛知杯】本命はサトノダムゼル 川田騎手×堀厩舎は単回収率297%の隠れた名コンビ

SPAIA編集部

2021年AI愛知杯ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

本命はサトノダムゼル

1月16日に中京で行われるのは愛知杯。牝馬限定のハンデGⅢといういかにも荒れそうな条件にたがわず、13年には471万馬券も出ている一戦。このレースをAI予想エンジンKAIBAはどう見たのか。

本命はサトノダムゼル。これまで重賞は2度挑戦して敗れているが、それ以外は【4-2-0-0】と着実に登り詰めてきた。新潟記念5着時と同じ53キロで、今回は牝馬同士の一戦。もうひと押し期待できそうだ。

また、数は多くない川田騎手×堀厩舎のコンビは通算で単回収率297%、複回収率119%を誇る。これも強調材料のひとつだ。

対抗はマジックキャッスル。GⅠ秋華賞で2着の実績。三冠馬相手に健闘を見せた。大外枠のぶん、2番手に留まったか。

3番手以下はレッドアステル、センテリュオ、カセドラルベル。

ルメール騎乗で人気の中心となりそうなセンテリュオは意外と控えめな4番手に。適性面の評価が低くなっているが、確かに左回りの経験は過去に1度しかなく、そのときは7着敗退(2019年新潟記念)。56キロのトップハンデタイで過信するのはやや危険か。

AI予想エンジンKAIBA
◎サトノダムゼル
○マジックキャッスル
▲レッドアステル
△センテリュオ
×カセドラルベル

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想をする。 これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。


《関連記事》
【日経新春杯】「1番人気7連対」「4歳馬8勝」 覚えておきたいデータと中京だからこそ狙いたい馬
【京成杯】「9番人気までの中穴」「キャリア1、3戦」が吉 狙うべき穴馬の条件は?
【愛知杯】「大型馬有利」「距離短縮」など 中京芝2000mのデータから導く攻略法は

おすすめ記事