【東スポ杯2歳S】ダノンザキッド確勝級 SPAIA編集部の穴候補は1頭だけ【動画あり】

SPAIA編集部

イメージ画像ⒸSPAIA

ⒸSPAIA(撮影:三木俊幸)

ダノンザキッドの真価

3日間競馬の最終日、月曜の東京メインは東京スポーツ杯2歳ステークス。昨年の勝ち馬コントレイルのほか、ワグネリアン、ディープブリランテと過去10年で勝ち馬3頭が翌年のダービー馬になっている超出世レース。このレースをSPAIA編集部が予想する。

その超出世レースで確勝級と目される大物がダノンザキッド。新馬戦のレースぶりとデータを見ながら、そのスケールを解説する。少頭数の一戦で、穴候補になるのは1頭。関東馬と関西馬が互角の成績を残すレースだが、中身には注意すべき点がある。


【東京スポーツ杯2歳ステークス 2020最終予想】ダノンザキッドはデータ上も死角なし!?(SPAIA編)

おすすめ記事