【秋華賞予想まとめ】デアリングタクトに高評価集中も、AIと東大は同じ穴馬に期待

SPAIA編集部

2020年秋華賞予想陣まとめインフォグラフィックⒸSPAIA

ⒸSPAIA

やはりデアリングタクトに高評価

10月18日に京都競馬場で行われるのは秋華賞。牝馬三冠に挑戦するデアリングタクトが圧倒的な人気に応えるのか、ここまで後塵を拝してきたライバルたちが最後の一冠で逆転劇をやってのけるのか。SPAIA予想陣の見解はどうなったのだろう。

2020年秋華賞予想まとめ



注目のデアリングタクトだが、6名中3名が本命、3名が対抗。やはり高評価が集中した。今さらこの馬の強さは説明不要な気もするが、坂上氏のオークス評は

「2角で挟まれる不利を受け、道中は行きたがる面を抑えながらの追走。直線でも前が壁になりながら、豪脚で先行勢を一掃。自身の上がり3Fは11.0-11.0-11.1程度とやや脚を余した。強いの一言」

とのこと。現状では弱点が見当たらず、オッズを考えて他馬を本命にした三者も、この馬を3番手以下に落とすことはできなかった模様。

AIと東大は意外なところで本命被り。オークス7着ミヤマザクラを抜擢した。東大HCは「直線の短い舞台で仕掛けが早くなりやすく、コーナーで長く脚を使えるかどうかが勝負の分かれ目」と見ており、「スローペースの末脚比べで分が悪かっただけ」のオークスから浮上するとの評価。

また、データ予想の門田氏は「ノーザンF5連覇中」「ディープ産駒4勝」というデータからリアアメリアを本命に。熱の入るレース、最後に笑うのは誰か。

AI予想エンジンKAIBA
◎ミヤマザクラ
○デアリングタクト
▲リアアメリア
△サンクテュエール
×クラヴァシュドール

東大ホースメンクラブ
◎ミヤマザクラ
○デアリングタクト
▲ウインマイティー
△マジックキャッスル
×リアアメリア
×マルターズディオサ
×ウインマリリン

門田光生(データ予想)
◎リアアメリア
〇デアリングタクト
▲マルターズディオサ
△マジックキャッスル
×ミヤマザクラ

三木俊幸(馬場適性チャート)
◎デアリングタクト
○パラスアテナ
▲マジックキャッスル
△リアアメリア
×ウインマイティー
×ウインマリリン

京大競馬研究会
◎デアリングタクト
○ミスニューヨーク
▲ウインマイティー
△リアアメリア
×マルターズディオサ

坂上明大(展開/馬場バイアス)
◎デアリングタクト
○ウインマリリン
▲ミヤマザクラ
△ウインマイティー
☆ソフトフルート

おすすめ記事