【神戸新聞杯予想まとめ】満場一致でコントレイル それでもデータ的には注意すべき点も

SPAIA編集部

イメージ画像

ⒸSPAIA

コントレイル唯一の注意点

9月27日に中京競馬場で行われる神戸新聞杯。二冠馬コントレイルの走りに大注目の一戦だ。このレースをSPAIA予想陣はどう予想したのか。

予想陣4名の本命は満場一致でコントレイル。さすがにこの馬にはつけ入る隙なし…かと思いきや、データ予想の門田氏は意外な死角を指摘。

「過去10年、当日馬体重が459キロ以下だった馬は【0-0-2-24】と連対馬がゼロ。コントレイルのダービー出走時の馬体重は460キロで、万が一減って出走してくるようだと一気に危険信号が灯る。」

とのこと。裏を返せば、順調に馬体増または維持で出てきた場合はいよいよ不安材料も皆無か。

2番手はまちまちだが、京大RCと門田氏がディープボンドを指名。春の実績を重視しつつも、ダービー3着ヴェルトライゼンデが中間に熱発した影響を考慮した予想となった。

果たしてコントレイルは全予想陣の期待に応えて勝利を挙げられるか。それとも他馬が一矢報いるのか。目が離せない戦いだ。

2020年神戸新聞杯予想まとめ



AI予想エンジンKAIBA
◎コントレイル
○ファルコニア
▲ヴェルトライゼンデ
△ディープボンド
×マンオブスピリット

京大競馬研究会
◎コントレイル
○ディープボンド
▲パンサラッサ
△ターキッシュパレス
×ファルコニア

門田 光生(データ予想)
◎コントレイル
○ディープボンド
▲ヴェルトライゼンデ

編集部競馬班
◎コントレイル
○パンサラッサ
▲ディープキング
△ヴェルトライゼンデ
×ファルコニア
×ディープボンド

おすすめ記事