【京成杯AH】連覇達成トロワゼトワル! 秋の大舞台に向けて覚えておきたいポイントとは

勝木淳

【京成杯AH】トロワゼトワル連覇達成 秋の大舞台に向けて覚えておきたいポイントとはⒸSPAIA

ⒸSPAIA

マイラー資質全開だったトロワゼトワル

サマーマイルシリーズ優勝の可能性をかけた馬が7頭出走した京成杯AH。メイケイダイハードとスマイルカナ以外は勝利が必須条件と厳しい状況だったが、6位トロワゼトワルが昨年に続き京成杯AHを連覇、シリーズチャンピオンに輝いた。

昨年は先手を奪い勝ち時計1分30秒3の大レコードを樹立したが、今年は1分33秒9と過去10年(14年は新潟)で、もっとも遅い時計を記録した。昨年のトロワゼトワルの記録は、前後半800m44秒2-46秒1。スマイルカナが2角手前でハナに立った今年は、46秒7-47秒2。前後半のラップ差が少ない、よりマイル戦らしい総合力が問われる競馬で、時計面では劣るものの価値ある内容だったといっていい。

しかしながら、中山競馬場の芝は予想外だった。例年と変わらず春から夏にかけて更新作業を行った芝は1年でもっとも状態はよく、洋芝を使用しない野芝のみ。土曜日の雨で午後からやや重に変更されたものの、雨量は馬場にダメージを与えるようなものではなかった。この開催から発表されたクッション値もやや硬めだったが、実際には例年より1~2秒ほど時計がかかった。

冬の中山かと錯覚するような、タフな馬場は先行有利。差し追い込み馬には辛い競馬となった。スマイルカナが大外枠から遅れながらも、ハナを奪い切ってからゴール前200m地点まではすべて11秒台後半。そのラップは、12.4-11.1-11.5-11.7-11.6-11.7-11.7-12.2という緩急が一切ないスピード勝負。最後まで同じスピードで駆けることに長けた馬の展開となった。

そうなれば、トロワゼトワルに利がある。2着だった関屋記念は自らラップを刻み、12.2-10.9-11.5-11.7-11.5-11.3-11.6-12.4。ほぼ似通ったラップになったわけで、連続好走は納得だ。以前よりも抑えが効くようになった同馬、スマイルカナが外からハナに行ったとき、あっさり控えたあたりにポイントがあった。

ケンカすれば猛ラップを誘発、残り1ハロンで逆転されたかもしれない。かつてマイルから中距離戦線を沸かせ、昨年の有馬記念で、ターフを去ったアエロリットを想起させる走りとラップ構成。いよいよGⅠでも大仕事をするのではないか。

サマーマイルシリーズ出走馬の今後は……

2着スマイルカナは3歳牝馬。ここまで古馬混合重賞でいいところがなかった3歳勢だったが、リステッド競走の米子Sに続く好走。桜花賞3着馬が結果を出したことで、全体的なレベルはなんとも言えないが、クラシック上位組にはそれなりの力があるという可能性が残った。

3着ボンセルヴィーソは13人気の人気薄だったが、春のダービー卿CT2着を考えると人気の盲点になっていた。枠順を利してインの3番手、4角でトロワゼトワルに前に入られたため、わずかに引いた。

最後は差を詰めに行っているだけに痛かった。4、5着馬と同じような位置にいたミッキーブリランテが11着。中京記念で早めに動いてハイペースを誘発、関屋記念で追い込んで4着など、サマーマイルシリーズ4戦すべて出走した疲労があった可能性がある。

今年のマイルシリーズは馬場が例年以上に悪いレースが多く、くわえて中京記念、関屋記念、京成杯AHとスピードの持続力が問われる厳しいレースが多かった。このことがシリーズに挑戦した馬たちにどんな影響が出るか、秋に向けてその点は忘れずに踏まえておきたいところだ。

【京成杯AH】トロワゼトワル連覇達成 秋の大舞台に向けて覚えておきたいポイントとはⒸSPAIA


ライタープロフィール
勝木 淳
競馬ライター。競馬系出版社勤務を経てフリーに。優駿エッセイ賞2016にて『築地と競馬と』でグランプリ受賞。主に競馬のWEBフリーペーパー&ブログ『ウマフリ』や競馬雑誌『優駿』(中央競馬ピーアール・センター)にて記事を執筆。YouTubeチャンネル『ザ・グレート・カツキの競馬大好きチャンネル』にその化身が出演している。

おすすめ記事